Then, why don't you google it?(そのときは、それをググってみようよ)

 私は市の公園のバーベキュー場で、バーベキュー班の一員として、アルバイトをしている。
 そのバーベキュー班のリーダーは、シルバー人材センターの会員番号の若い番号からの輪番制になっている。バーベキュー場がリニューアルされてから4年なので、これまでに4人のリーダーが誕生している。私は2代目のリーダーであった。
 そのリーダーのところにシルバー人材センターの担当者から、昨日、ファックスが届いた。
 内容は「凧揚げは禁止されていますか?また禁止されていたなら、その対応はどうしていますか?」というものであった。
 大府市がインターネットにUPしている「大府みどり公園」の施設案内には、【公園の利用についてのお願い】として6項目が掲げられているが、その中に【高圧電線が上空にありますので、凧揚げ等は禁止です】という項目がある。
 高圧電線というのは中部電力の高圧電線で、その電線に凧が絡むと通電しなくなる危険性がある。以前にも洋凧が電線にからんで、公園の周囲の500軒が停電になったことがあったそうだ。
 シルバー人材センターの担当者は、公園が凧揚げ禁止になった経緯も知らないようである。
 現リーダーはそれに対して「凧揚げしている人にその都度、注意又はページングで注意のアナウンスをして居ります」とファックス通信の専用用紙に書き込んで、送り返していた。
 現リーダーはサラリーマン時代、製紙会社の営業課の課長をしていた人で、ときどき聞きなれない言葉を使うことがある。
 恥ずかしいが、私は【ページング】という言葉をはじめて聞いた。
 私は家に帰ってから、ネットで【ページング】を入力して、検索してみた。
 真っ先に出てきたのが、ページング【paging】とは、「仮想記憶(仮想メモリ)の方式の一つで、メモリ領域をページと呼ばれる一定の大きさの領域に分割し、物理的なアドレス(番地)とは別に仮想的なアドレスを割り当てて管理する方式。」という説明であった。
 どうもIT用語のようで、私にはまったく意味が分からない。
 次に出てきたページングは「建物や敷地構内の人に対して、放送アナウンスで呼び出すために使用する構内放送設備のひとつ。工場ではハンドセットを用いた固定式の製品が使用されているが、ビジネスホンや電話交換機を組み合わせ、電話機や携帯用PHSから放送設備の起動も可能となっている。」
 これも私にはピンとこない。
 どうもページング機能搭載の放送設備にすれば、ビジネスホンの電話機やPHSから放送設備を起動させての放送が可能となるということのようである。
 だが、公園の管理事務所の放送設備は古いので、ページング機能搭載にはなっていない。つまり、現リーダーが言う【その都度、注意又はページングで注意のアナウンスをして居ります】のページングというのは、単純に放送設備のことだと推測できる。
 戯れに英単語の【page】を辞書で引くと「呼び出す」という意味だと載っている。
 その例文として、【Would you page me when everybody comes?(みんなが集まったら時に呼んでね)】が記載されている。
 また【Paging Paging】というのは、【Attention Please(お呼び出し申し上げます)】と同じ意味で使われているとのことである。
 恥ずかしいが、私は【page】に呼び出すという意味があるとは知らなかった。
 そう言えば、単語の意味が分からなかったら、【Then, why don't you google it?(そのときは、それをググってみましょうよ)】という英文があったのを思い出した。
 つまり、「分からないことはGoogleで検索してみては」というアドバイス文である。
 いかにも今風の文章である。
 いずれにしても、現リーダーは「ページング」という言葉を現役サラリーマン時代には普通に使っていたようである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント