ウェブリブログの利用者にとって、「気持玉」は高揚感をくすぐるもののようである。

 2019年7月2日のウェブリブログ大規模メンテナンスで、2006年の6月からウェブリブログを利用し、4750の記事を書き込んできた私にとっては、どんなふうに替わるのか、本当に不安であった。  ひょっとすると、これまで毎日のようにUPしてきた記事も新しい手順が分からず、公開できないのではなかろうか、そんないわれのない不安もあった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私はバーベキュー場からの帰り、「名古屋31K」というナンバーに出会った。

 私は2016年の4月3日から、市の公園のバーベキュー場でアルバイトをしている。  4月からバーベキューシーズンに入るが、7月に入ってからも土日曜日の予約はほぼ満席となっている。  私の7月の就業日は13日だが、どういうわけか、中旬に集中している。  13日、14日、15日の3連続勤務があり、16日の通常の休暇日を挟み、17日、1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芥川賞受賞作でも、時代背景が今と異なる作品やリアリティのない作品は読みづらい

 ネットの文春オンラインに【第161回直木賞 大島真寿美さん『渦』が受賞&芥川賞は今村夏子さん『むらさきのスカートの女』が受賞】という見出しの記事が載っていた。  残念ながら、私は直木賞を受賞した大島真寿美さんの著作を読んだことはないが、愛知県名古屋市出身で、愛知県立昭和高等学校を経て南山短期大学人間関係科卒業という経歴を知ると、何だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現役医師の小説には、医療用語や薬の名前が頻繁に登場してくる

 知念実希人氏の『崩れる脳を抱きしめて』を読み終えた。  これで知念実希人氏の小説は『ひとつむぎの手』『祈りのカルテ』に次いで、3作目となる。また、この作品は2019年の『ひとつむぎの手』と同じく、2018年本屋大賞の8位にもなっている。  粗筋は次のようだ。  <主人公は、脳外科医を目指す26歳の研修医・碓氷蒼馬である。  普…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何だか、気恥ずかしい気持になってきた

 昨日は市の公園のバーベキュー場のアルバイトは、午前7時半から12時半までであった。  そのあと、同じ公園で働く除草班の女性2人と、今年の2月までバーベキュー班で一緒に働いていた男性が出演する「第37回 淑友会歌謡祭」に出かけていった。場所は市の「おおぶ文化交流の杜」の「こもれびホール」である。  この歌謡祭は、チャリティも兼ねてお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こういうのを【贔屓の引き倒し】というのであろうか

 私は満62歳で会社をRetireし、1年後に無駄な出費を抑えるために、お酒も煙草もやらなくなった。  煙草は会社をRetireすることを決めてから、3年がかりの禁煙計画を立てた。  それはニコチンとタールの含有量の少ない銘柄に徐々に変えていき、それが功を奏してか、63歳のときにはピタリと止めることができた。  私はもともと家で晩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

毎日ブログを書いているが、私はパソコンに関する用語はほとんど理解していない。

 私は市のシルバー人材センターの理事を仰せつかっている。  そのシルバー人材センターには、県庁を定年退職した人が嘱託として働いている。その人はパソコンのスキルに長けていて、理事会で、何か発表しなければならない事態が発生すると、私はまずWordで資料を書いて、その嘱託の人にエクセルで図やグラフを作成してもらったりしている。  私はいつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どうも私は貧乏性が身に付いてしまったようである

 7月2日のウェブリブの大規模メンテナンスに伴い、未だにトラブルが続いているようだ。  私は7月6日に記事をUPしようとしたが、なかなかうまくいかず、結局は7月7日の明け方までかかってしまった。私はパソコンの知識がなく、専門的なことはまったく分からないが、今はただブログの記事と写真がUPできれば、当面はそれでいいと思っている。  も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プライベートな側面を絡めて書かないと、私はまとまった文章を書くことができない

 今日、中学高校からの友だちのブログを読むと、マンションのルーフバルコニーの花をケイタイで写真を撮り、パソコンに送ったとあった。  以前、私もデジタルカメラはかさばるし、重たいので、携帯電話のカメラで撮ってからメールに貼付して、自分のパソコンに送っていた。  2006年の立ち上げ当時のブログに貼り付けられている写真は、画素数が少ない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私にとって古書店巡りというのは、今でも楽しい時間なのである

 今日も午後から、女房はシルバー人材センターが市から借りている別棟のフリースペースで行われている手芸教室に出掛けて行った。  おそらく帰りは午後4時ぐらいと思われる。女房と私は年金暮らしなので、お互いのアルバイト代が入る20日までは出費を極力、抑えながら生活しなければならない。  私は仕方なく、これまでDVD録画してあったドラマを観…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日はシルバーの事務局の局長と一緒に、就業現場の安全巡回に行ってきた

 私は現在、大府シルバー人材センターの理事を仰せつかっている。  任期は2年で、私は現在、2期目に突入している。  今日は午前9時から、シルバーの事務局の局長と理事4人で、シルバー会員の就業現場の安全巡回をすることになっていた。  だが、新人の理事2人は、今日の安全巡回を忘れてしまったのか、時間になってもなかなか待ち合わせ場所に現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医療ミステリーには、専門用語の説明は不必要なのかも知れない

 知念実希人氏の『祈りのカルテ』を読み終えた。  私は2019年本屋大賞8位の『ひとつむぎの手』を読んでから、知念氏のミステリー風な物語の展開が面白くて、いずれ、知念氏の作品を読んでみようと思っていた。  少し作風が違うが、研修医が主人公の草川草介氏の『新章 神様のカルテ』を読み終えたのち、今度は同じ研修医が主人公の知念氏の『祈りの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

個々の記事のアクセス数は、【アクセス解析】の「ページ別」で確認することができる。

 昨日は午後9時半ごろにWordで記事の下書きを書き、コピーしてから、ウェブリブログ管理画面からログインしようとするが、なかなか自分のブログにアクセスできず、記事がUPできない。  時間をおいて、再度アクセスしてくださいとあるので、30分ごとにトライをしてみるのだが、結果は同じ、自分のブログの「記事を書く」にアクセスできない。  や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

競馬場の帰り、車の中の女房の様子は割と明るかった

 今朝の午前7時ごろ、女房が「中京競馬場に行きたいから」と私を起こしに来た。  私は会社をRetireして2年後に煙草を止め、そしてお酒も年に1度ぐらい飲みに行く程度となった。ペースメーカー植え込み手術をしてからは、グルメ嗜好もまったくなくなった。  同級生で43年間も付き合いのあるスナックのママが、来年2月に店を閉めると言うので、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女房に、8000円分の図書カードを売りつけられる

 私は毎日、ブログの記事を書くのに1時間半はかけている。  7月3日は午前中、シルバー人材センターの入会説明会に費やし、午後からは御園座に前川清さんの特別公演を観に行き、午後9時半に帰宅したので、なかなか記事を書く時間が取れず、結局、記事をUPできたのは午後11時を過ぎていた。  また7月4日は午後5時半まで市の公園のアルバイトがあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地下鉄で、初めて優先席を譲られた

 昨日は、娘が御園座のチケットを持ってきたので、「前川清特別公演」の午後の部に行ってきた。  チケットには<一部>【弥次喜多道中~夢の女と旅芝居】<二部>【杜このみちゃんを迎えて前川清 Song for you ~はるな愛ちゃんも参加~】と書いてある。  私は杜このみという歌手を知らなかったし、はるな愛さんにも興味がなかったので、あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いずれにしても藤田菜七子騎手の海外初Vに拍手喝采である

 7月3日の午前9時半から、大府シルバー人材センターの入る会館の大会議室で、入会説明会が開かれた。  10分程度、入会説明会で話をしてほしいと言うので、昨日の午前中に、私はわざわざ原稿を作って、下準備をしていた。気になっていたので、時間が開くたびに原稿を読み返していた。  体調を整えようと少し早めに床に入ったが、やはり気になっていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明日、大府シルバー人材センターの大会議室で、入会説明会が開かれる

 明日の7月3日の午前9時半から、大府シルバー人材センターの大会議室で、入会説明会が開かれる。  その説明会の場で、私は入会希望者の前で5分間、会員の先輩として、話をしなければならない。内容はお任せということだが、それだけに何を話していいのか、迷っている。  幸か不幸か、私はシルバー人材センターのプロモーションビデオに出演しているの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医療用語は難しいが、今後も医療小説を読んでいくつもりである

 夏川草介氏の『新章 神様のカルテ』を読み終えた。  これまで、夏川氏の著作は『神様のカルテ』『神様のカルテ2』『神様のカルテ3』『神様のカルテ0』の「神様のカルテ」シリーズのほか、『本を守ろうとする猫の話』を読んだので、この『新章 神様のカルテ』が6冊目となる。  タイトルに「新章」とあるのは、主人公の栗原一止が勤務する病院が松本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女房の目が「また買ったの!」と私を圧迫するように語り掛けていた

 私は現在、三菱ミラージュに乗っているが、ほぼ月に1度の割合で、ガソリンを満タンにする。  女房の都合のいいウィークデイの日を尋ね、その日は一緒に安売りの給油スタンドに出掛けて行く。女房がその安売りスタンドのVIP会員になっており、リッター当たり3円安くなるからである。  もともと私たちが給油をしに行くスタンドは、安売りで有名なとこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more