アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
ヒカレものの呟き
ブログ紹介
私はひょっとすると人生の落伍者かも知れない。
このブログは自分の人生で
Timelyな決断ができなかった自分に対する愚痴であり、
モノローグであり、家族や友だちに向けてのメッセージである。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
私はエンディングの描写に思わず共感を抱いていた
私はエンディングの描写に思わず共感を抱いていた  今日、雑誌「新潮」の2017年4月号に掲載されていた漫才コンビ「ピース」の又吉直樹氏の『劇場』を読み終えた。  先ごろのNHKの番組では、又吉氏は次のように語っていた。  『火花』は250万部も売れたが、多くの読者から難し過ぎるとか、分からないとかの意見が又吉氏の耳に入り、次回作『劇場』では文学性と大衆性を両立させることに思い悩んだとのことであった。  雑誌「新潮」の2017年4月号はすでに5万部が売れ、その勢いのまま、新潮社から単行本として5月11日に発売されるとのことである。  今... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/27 20:44
メッセージを送ると【この人は現在応答できません】の表示が現れた
 私は現在、市の公園のバーベキュー場で男性12名、女性5名とワークシェアして、アルバイトをしている。  私は、女性メンバーから事務所で使用するティツシュペーパーの補充を女性のメンバーに頼まれていたのを思い出して、車で近くのホームセンターまで出掛けていった。  レシートを持っていけば、メンバー間で毎月徴収して、プールしてある金額の中から、管理している女性メンバーが支払ってくれる。そのまま、購入したティツシュペーパーを持って、管理事務所に直行した。  今日の窓口と電話の予約受付は、3月から一緒... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/26 22:07
食べられる野草の天ぷらの差し入れがあった
食べられる野草の天ぷらの差し入れがあった  今日のバーベキュー場の予約は9サイトで、その中に「野草・山菜採り友の会」というグループがあった。  私はこうした趣味を持つグループが全国のあちこちにあるのを知っていたが、まさか自分の住んでいる市に「野草・山菜採り友の会」なるグループが存在していることを知らなかった。  今日参加している友の会のメンバーは男性6人、女性が15人ほどで、外見上から推察すると、平均年齢は60代の後半だと思われる。  メンバーの多くは午前9時の受付と同時にやってきて、まず公園の周囲を散策し、天ぷらになりそうな野草... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/25 21:24
今の私は 清貧生活にはもってこいの体質になっている
 今日のバーベキュー場の勤務は午前7時半から12時半までであった。  出勤して、ホワイトボードに描かれたバーベキュー場のレイアウトを見ると、サイトの一つに予約客があることを示す青色のマグネットが貼りつけてある。  今日の最高気温は12℃だが、風はかなり強く吹いている。バーベキューをやるにしては、余り適した気候ではない。  予約台帳で確認すると、予約を受けたのは昨日の23日で、公園近くの中小企業名が記載されている。  こんなに風が吹いているから、キャンセルになるかも知れないと思っていると、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/24 22:01
はたして 薬の使用期限はあるのであろうか
 せっかくの3連休なのに腰痛がひどくなり、21日と22日の2日間は散歩を控えて、家にじっとしていた。  だが、さすがに歳を取ったせいか、体を休めるだけでは回復はしないようである。  明日の24日は、午前7時半からの勤務で、出勤したら、真っ先に第一と第二駐車場の上下アップダウン方式の車止めポールの錠とボルトを外し、ポールを地中に降ろさなければならない。  車止めポールは16本もあり、地中に降ろすには何度も腰を屈めなければならない。意外と、これが腰痛持ちには辛い作業なのである。  ふと、1月... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/23 21:13
この小説は「文章が上手くて、面白い作品」の一つだと言える
この小説は「文章が上手くて、面白い作品」の一つだと言える  最近、私は何に血迷ったのか、小谷野敦氏が『芥川賞の偏差値』の中で、芥川賞受賞作偏差値一覧を掲載していたので、その偏差値の上位の作品を読んでやろうと思い立った。  ただ、私はこれまで、芥川賞受賞作を50作ほどは読んでいるので、その作品はジャンプすることにした。  小谷野氏は「あとがき」の中で、次のように書いている。  <もし、芥川賞をとる秘訣はと問われたら、といっても、そもそも候補になること自体が難しい場合もあるのだが、それを措いて  「退屈であること」  がまず第一にあげられるだろう... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/22 21:31
私はいつの間にか、無趣味な男になってしまった
 私は現在、市の公園内にあるバーベキュー場でアルバイトをしているが、4月からそのバーベキュー班のリーダーをやらなければならない。  バーベキュー班は、男性は私を含めて12人、女性は5人で、合計17人で編成されている。  最近の男性は65歳まで働いてから、シルバー人材センターに会員登録する人が多い。  バーベキュー班も最近、入会した人が多く、65歳から68歳までのメンバーがほとんどで、70代のメンバーは75歳を筆頭に3人しかいない。  男性の60代はまだまだ元気で、その趣味も多岐にわたって... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/21 21:17
男と女は 何らかのハンディキャップを抱えて生きている
男と女は 何らかのハンディキャップを抱えて生きている  私は去年の4月3日から、市の公園のバーベキュー場でアルバイトをしている。  3月初旬のころは予約客も少なかったので、やはり忙しくなるのは4月に入ってからだと思っていた。だが、先週12日の日曜日あたりから、急にバーベキュー利用者が増えてきた。  そして18日と19日は気温も上がり、天気もよかったので、それぞれ10組ほどの利用者があり、俄然、メンバー間に活気が出てきた。  今日の20日は、地元の大手カーメーカーが出勤日で、それに伴い、グループ企業や協力工場、その下請け企業も出勤日となったため... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/20 21:11
危険防止のため、「自転車の乗り入れ」を禁止します
危険防止のため、「自転車の乗り入れ」を禁止します  18、19、20日はカレンダー上の3連休だが、私の勤務スケジュールにはすべて公園の仕事が入っている。  これを過ぎると、月末まで11日間もあるのに、なぜか3日間の勤務しか入っていない。何とも変則的な勤務スケジュールになっている。  おそらく、他のメンバーの多くがプライベートの都合で、月の前半に就業不可日が集中して、その分、私の勤務が月の前半に偏ってしまったものと思われる。  18日の最高気温は15℃、今日の19日は17℃で、明日の20日になると気温が18℃まで上がる予想が出ている。暑さ寒... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/19 21:31
この小説の主人公は 限りなく作者に近いようである
この小説の主人公は 限りなく作者に近いようである  日野啓三氏の『あの夕陽』を読み終えた。  この芥川賞受賞作は、小谷野敦氏の「芥川賞の偏差値」で、59と高く評価された作品である。  第72回芥川賞選考委員の一人である瀧井孝作氏は、この作品について次のように述べている。このとき、瀧井孝作氏は80歳を超えている。  <「日野啓三氏の『あの夕陽』は、若い新聞記者が夫婦で三年間ほどアパートくらしをして、夫は外に好きな女ができて、若い妻は耐えられずに、黙って去って行った。  それを夫の方がじっと凝視した、哀れな惻惻(そくそく)とした小説で、この... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/18 20:32
歩きスマホは 相手を気遣う気持を薄れさせる
 私が毎日、PCを開いて真っ先に読むのは、無料ということもあるが、中日新聞のウェブサイトの『社説・コラム』である。  その社説なり、コラムなりを読もうとすると、画面の右端にウェブサイト記事のアクセスランキングが表示される。  そのランキングは時々刻々と変化するが、今日の午前10時半現在のアクセスランキングの1位は【ふるさと納税、返礼品に上限目安 過熱に歯止め】、2位は【籠池氏、23日に証人喚問「夫人から寄付金」】であり、3位は【中日春秋(朝刊コラム)】と載っていた。  名古屋地方では、中日... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/17 20:31
春の彼岸の前だが、この公園にはすでに春が訪れている
春の彼岸の前だが、この公園にはすでに春が訪れている  このところ、公園での勤務日が連続していたこともあり、女房と出歩くことが少なくなっていた。  女房から再三、私が住んでいる市の「二ツ池公園」の河津桜を観に行こうとせがまれていた。「二ツ池公園」は国道366号線沿いにある公園で、その国道に沿って、ピンク花早咲き種の河津桜が植えられている。  私たちは毎年、春を待ちかねたように、この公園の河津桜を観にやって来る。だが、年によっては、満開の時期が異なっている。  確か、去年は2月下旬に観に来たが、そのときはすでに八分咲きで、3月中旬にはすでに葉桜... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/16 21:32
さして変化のない生活を描写した純文学作品
さして変化のない生活を描写した純文学作品  今日、保坂和志氏の『この人の閾』を読み終えた。  この作品は、小谷野敦氏の『芥川賞の偏差値』の中で、偏差値62と高く評価された作品である。評価の高い順から言えば、9番目ということになる。  今、手元にある新潮社の単行本の表紙のタイトルには、『この人の閾』の「閾」に(いき)とルビが振ってある。恥ずかしい話だが、私はこの「閾」の意味を知らなかった。  まずネットでその意味を検索してみた。デジタル大辞泉の解説には次のように載っている。  1 門の内と外をくぎる境目の木。また、境目。敷居。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/15 22:03
働く価値観をどこに見つけるかが重要である
 3月8日から今日までの7日間で、6日も仕事が入っていたが、明日からは3連休となる。やれやれという気持になっている。  1ヶ月で25日も働く人から見れば、さして苦しいことでもないのに、と叱責をされそうだが、70歳を超えた身には、この6日間はやはりしんどかった。仕事をしていても、さして充実感が持てないのも、そのしんどさの一因なのかも知れない。  そう言えば、今日の中日新聞の朝刊に【残業「100時間」なぜ認めるの 過労死遺族ら反発】という見出しで、次のような記事が載っていた。  <これで本当に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/14 21:35
高齢者は NHKが提供する番組が好きである
 私は今、市の公園の管理事務所及びバーベキュー場で働いている。  3月までは19名、4月からは2名減って17名のメンバーでローテーションを組み、業務をこなすことになる。通常は午前に3人、午後も3人で働いているが、12月から2月まではバーベキュー場はシーズンオフで、さして忙しくないので、自ずと管理事務所で雑談をする機会が多くなる。  そして、ときどきテレビの話となる。意外にこれが盛り上がる。  そう言えば、あるメディア研究者による高齢者のテレビ視聴に関する記事が、次のようにネットに載っていた... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/13 21:36
男には 酒場の止まり木までの小さな旅もある
男には 酒場の止まり木までの小さな旅もある  3月7日付の中日新聞の朝刊コラム「中日春秋」に次のような文章が載っていた。  <長年、本の装丁、雑誌の挿絵などで活躍されたグラフィックデザイナーの長友啓典さんが亡くなった。七十七歳。装丁した本は千冊を超えるそうだ。  長くコンビを組んだ作家の伊集院静さんが書いている。「トモさんの装丁を見ていると、そこにトモさんがにじみ出ている。哀(かな)しい作品にはトモさんの哀しみが、陽気な作品にはトモさんの悦(よろこ)びが伝わってくる」。作家や作品の思いを自分の心でデザインした人である。>  本の装丁... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/12 21:53
長い時間を分かち合って 夫婦は物語を紡いできた
長い時間を分かち合って 夫婦は物語を紡いできた  吉目木晴彦氏の『寂寥郊野』を読み終えた。  この作品は第109回芥川賞の受賞作で、小谷野敦氏の『芥川賞の偏差値』の中で、偏差値65と評された作品である。小谷野敦氏が評価した偏差値の上位から6位の評価をされている。  私は、わずか128ページの作品なのに、他の小説のようにスムーズに読み進めることができなかった。  その点では、小谷野敦氏よりも私の評価は低い。  その理由の1つは、文章の中の見慣れぬ漢字の横にカタカナのルビが振ってある言葉が多かったことである。  2つ目の理由は、アメリカ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/11 21:32
一瞬、自分が意地悪爺になったような錯覚に陥っていた
 私の住んでいる市では、毎年、情報公開・個人情報保護審議会という会議が開かれている。  2月16日に私が働いている公園に防犯カメラが2台、設置されたが、その経緯が平成28年度第2回情報公開・個人情報保護審議会会議録に載っていたのを見つけた。審議会の委員の中には知った名前もある。  市の都市計画課から、次のような提案がなされていた。  「公園には夜中に女装グループが出没したり、外国人がビービー弾で公園の常夜灯を破壊したり、未成年者が休憩所で煙草を吸ったり、缶ビールを飲んで、そのまま放置したり... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/10 21:07
公園には姉妹都市から贈られた銀葉アカシアの林があった
公園には姉妹都市から贈られた銀葉アカシアの林があった  今日の公園の管理事務所の勤務時間は、午前7時半から12時半までであった。  3月に入ってから、バーベキュー場の4月から5月にかけての電話予約や窓口予約は徐々に増えてきている。平均すると1日5件だが、日によって問い合わせも入れると10件を超えることがある。4月29日の昭和の日はもうすでに21組の予約が入っている。  日に日に暖かくなるにつれて、それとも市役所が期末を迎えるせいなのであろうか、施設・設備のメンテナンスの業者からの電話も多く入るようになった。いよいよ春到来だということを実感する。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/09 21:57
【写真】へのこだわりは、私の方がはるかに上である
【写真】へのこだわりは、私の方がはるかに上である  平成29年3月4日から12日まで、市の勤労文化会館のくちなしホールと展示室で、第33回大府市民美術展が開かれている。  今日の午前中、女房と一緒に勤労文化会館までの3キロほどの道のりを歩いて、市民美術展を観賞しに行ってきた。もし疲れてしまったら、1時間1本の割合で巡回している市の「ふれあいバス」で、勤労文化会館から市役所まで帰ってくればいいと思っていた。  70歳を過ぎると「ふれあいバス」は無料である。  私はこの10年間、毎年のようにこの市民美術展にやって来ている。  驚かされるのは... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/08 21:03

続きを見る

トップへ

月別リンク

ヒカレものの呟き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる