アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
ヒカレものの呟き
ブログ紹介
私はひょっとすると人生の落伍者かも知れない。
このブログは自分の人生で
Timelyな決断ができなかった自分に対する愚痴であり、
モノローグであり、家族や友だちに向けてのメッセージである。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
あの頃に積み重ねた思い出は、今の私には不朽の価値がある
あの頃に積み重ねた思い出は、今の私には不朽の価値がある  勢古浩爾氏の『定年バカ』を読み終えた。  この本の内容に関して、もう何度も引用しているので、今さらという気もしないではないが、この本を読み終わってみて、世の中には定年後の生き方について書かれた本が溢れていることがよく分かった。  勢古浩爾氏の『定年バカ』の巻末には、本書の中で紹介されていた「定年関連本」の一覧が掲載されている。何とその数は39冊にも及んでいる。  この中で、私が読んでいるのは、渡辺淳一氏の『孤舟』と内館牧子さんの『終わった人』だけで、共に小説であり、このブログでも読後感を... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/23 21:59
無意味と思えても、生きていくためには耐えることも必要である
 私は現在、市のシルバー人材センターの理事を仰せつかっているが、1月16日の理事会の席で、理事長から予期せぬお叱りを受けてしまった。  市の公園のバーベキュー場がリニューアルオープンしてから、もうすぐ2年になろうとしている。  前リーダーからは随時、バーベキュー場の現状報告があったが、私がリーダーになってから、これまで一度も現状報告がないので、心配で仕方がないとおっしゃるのである。  その心配の背景には、市がシルバー人材センターに委嘱したバーベキュー場の維持管理の業務に不都合があれば、いず... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/22 21:44
時には流し読みせず、文章表現を楽しむことも必要である
 1月17日付の中日新聞の「この人」の欄では、芥川賞を受賞した若竹千佐子さんのことが紹介されていた。  その中に【大学卒業後に臨時教員を経て主婦に。五十五歳で夫を亡くしたのを機に、小説講座に通い始めた】という一文があった。  はたして、その小説講座」とはどこなのかと思っていたら、あるテレビ番組の中で、その小説講座とは、『早稲田大学エクステンションセンター』の『小説教室入門』だと紹介されていた。余計なお世話だが、これからは若竹千佐子さんの芥川賞受賞で、その『小説教室入門』という講座の受講者の希... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/21 23:06
野茂が投げると、走者は誰もホームに帰れない
 野茂が投げると、走者は誰もホームに帰れない  先だって、女房と一緒にテレビのクイズ番組を観ていたら、【メジャー史で最も重要な人物40人に選ばれた日本人選手は?】という問題が出されていた。  物知り顔で得意げに、解答者の誰かが「スズキ・イチロー」だと答えると、間違いを示すブザーが鳴った。正解は「野茂英雄」であった。私も「スズキ・イチロー」だと思っていた。  改めて、今日、インターネット調べてみると、<【MLB】「野球史で最も重要な40人」発表!野茂英雄氏が日本人唯一選出!日本人選手のパイオニア&MLBの人気回復に貢献>という記事に出会っ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/20 22:29
小学生の頃、よく遊んだ同級生が認知症になっていた
 私は現在、市のシルバー人材センターの会員で、ある地域のブロック長を仰せつかっている。  シルバー人材センターでは、市を大きく10のブロックに分割して、ブロック長を置いている。ブロックは、また幾つかの班に分かれていて、その班には、連絡員という名の班長がいる。  ブロック長は、毎月、シルバー人材センターの事務局から配布される資料を連絡員に渡し、連絡員はさらに自分の受け持ち区域の会員に配布する。  私の所属するブロックは、旧市街区域で会員も多く、7つの班に分かれている。会員数も100人を超えて... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/19 21:23
何事においても選択の幅を広げて、今の時間を好きに生きる
 私は現在、勢古浩爾氏の『定年バカ』を読んでいる。  その中に次のような一文がある。  <わたしが定年を意識したのはいつごろだったか。はっきりとはもう覚えていない。たぶん定年の一年ほど前だったのではないか。しかし意識したからといって、定年の準備などなにひとつしなかった(いったい定年の準備はするものなのか?)。会社がひどい有様で、定年どころではなかったのである。給料は安いし、家のローンは終わってはいたものの、老後のための貯蓄などできもしなかった。  定年後のために資金や健康や趣味など、早目に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/18 23:14
小説を書くというのは、特殊な才能の人に許される行為である
小説を書くというのは、特殊な才能の人に許される行為である  今日の中日新聞に【芥川賞に石井さんと若竹さん 直木賞は門井さん】という記事が載っていた。内容は次のようだ。  <第158回芥川賞、直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が16日、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれ、芥川賞は若竹千佐子さん(63)の「おらおらでひとりいぐも」(文芸冬号)と石井遊佳さん(54)の「百年泥」(新潮11月号)に決まった。(中略)  若竹さんは、2013年に当時75歳で受賞した黒田夏子さん(80)に次ぐ史上2番目の年長受賞。>  さらに今日の夕方の中日新聞のデジタル版... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/17 22:45
いつまで経っても、大人げない性格は直らないようである
 1月中旬から、立て続けに男女5人の人から、私のFACEBOOKに友達リクエストが入ってきた。すべて20代と思われる人たちだ。  さして気にもせずに、12月に20代の人と思われる男女の友達リクエストを承認したが、今になって少し後悔している。と言うのは、70代の私が持つ興味の対象と20代の人たちのそれとは、かなりのギャップがあるからだ。  従って、5つの友達リクエストの承認は保留したままになっている。これからも20代の人たちから友達リクエストが届くであろうが、少し悩ましい気持になっている。 ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/16 22:50
「於大公園」は面積は12.1ヘクタールの大きな公園であった
「於大公園」は面積は12.1ヘクタールの大きな公園であった  私が住んでいる市に隣接する愛知県東浦町は、愛知県中部、知多半島の付け根に位置する町だが、これまでの私には、何かと縁が深かった。  私は大学4年生のとき、教員免許取得のための教育実習で選んだ学校が、東浦中学校であった。  同じ時期、その中学校に教育実習に来ていた東浦町在住の女学生がいて、何度か顔を合わせているうちに気が合い、実習が終ってからも、たった3ヵ月ではあったが、付き合っていた。  彼女は子どものない家の養子であり、私も養子の一人っ子であったため、その2人の養父母への思いから、別々の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/15 22:14
公園の早出の勤務は、冬はきつく、さらに雨の日が最悪となる
 私は、市のシルバー人材センターの会員で、去年の4月から、市の公園のバーベキュー班のリーダーをやっている。  バーベキュー班と言っても、公園の維持管理の業務も含まれているので、1年間を通しての就業となっているが、バーベキュー場は12月から2月まではシーズンオフなので、約3分の2の就業時間となるが、総勢17名のまま、一日の業務に就いている。  昨夜の午後8時ごろ、今日、就業予定のメンバーから電話が入り、自宅の2階から下りるとき、階段を踏み外して、捻挫をしてしまったので、1月中の勤務を休ませてほ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2018/01/14 22:26
初恋の人のことが、深い記憶の中から蘇り、消え去ろうとしない
 先だって、【半世紀以上経った今でも、彼女の家の電話番号を覚えている】というタイトルで記事を書いた。  何せ、55年も前のことなのに、初恋の人の家電の番号(05○○―4○―0522)を覚えているというのは、20年前に携帯電話を購入したとき、呼び出し音を黒電話に設定したことで、深い記憶の中から蘇り、未だに消え去ろうとしないのかも知れない。  そう言えば、55年前の彼女との黒電話のやり取りを下敷きにして、次のようなフィクションを書いたことがある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/13 20:53
LINEの文字だけでは、相手の気持や感情は読み取れない
LINEの文字だけでは、相手の気持や感情は読み取れない  西原理恵子さんの『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』を読み終えた。  私は、帯びの「ママ友の間でも。SNSでも、各所で大反響!共感の嵐、ベストセラー22万部突破!」という惹句に魅せられ、単純な私はついつい購入してしまった。  その一方では、何かと反発したがる中学3年と中学1年の娘を持つ我が娘に、ぜひともこの本を読ませたい、そんな気持にもなっていた。  この本は、行間も広く、段落も多いので、読む気になれば、半日もあれば読み終えることができる。  だから、内容が薄っぺらいとい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/12 21:14
上の孫娘は今年の5月がやって来て、やっと16歳になる
 今朝も早くから、女房はアルバイトに出掛けて行った。  私は一度、女房がセットしておいた目覚まし時計の音で目覚めたが、今日は仕事がないと悟るとすぐにまた寝入ってしまった。目覚めると午前7時20分であった。  まず洗顔をしてから、パーコレーターでコーヒーを沸かし、トーストにブルベリージャムを付けて、朝食を済ませる。  部屋にいても、外気の寒さが伝わってくる。一人だとさらに寒さが募ってくるようだ。  朝のテレビのワイドショーはどの局も、【振袖レンタル業者「はれのひ(harenohi)」が、成... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/11 22:54
半世紀以上経った今でも、彼女の家の電話番号を覚えている
半世紀以上経った今でも、彼女の家の電話番号を覚えている  ビートたけしさんの『テレビじゃ言えない』を読み終えた。  「BOOK」データベースには次のような内容だと載っていた。  <最近テレビじゃ「本当に言いたいこと」が何も言えなくてイライラしてるんだ―ビートたけしの呟きからこの本は生まれた。コンプライアンス、CMスポンサーへの配慮、そんな建前のもとエスカレートするテレビの自主規制。そんなもの、クソ食らえだ。放送コードを無視したこの男の毒舌は、ツービートの頃より切れ味を増している。政治・犯罪、ネット社会…偽善と矛盾だらけの現代ニッポンをぶった切る危... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/10 23:14
あれから相当な時間が流れたが、今も元気でやっているだろうか
 今日のスポーツ報知の電子版に【明治神宮奉納土俵入り、白鵬に拍手まばら】という記事が載っていた。  内容は次のようだ。  <大相撲の3横綱、白鵬(32)=宮城野=、稀勢の里(31)=田子ノ浦=、鶴竜(32)=井筒=が9日、東京・明治神宮で新春恒例の奉納土俵入りを行った。観衆は昨年の約4200人から大きく減って約2800人だった。>  去年は、第72代横綱に昇進した稀勢の里フィーバーで、観衆は94年、貴乃花の2万人に次ぐ歴代2位であったが、今年は日馬富士の暴行問題の影響で、大幅に減少したもの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/09 22:46
民進党との溝は、これからも埋まることがないと判断したようだ
民進党との溝は、これからも埋まることがないと判断したようだ  安積明子さんの『小池≠ノはまって、さあ大変!「希望の党」の凋落と突然の代表辞任』を読み終えた。  目次は次のようだ。   ・序章 :「絶望」という名の「希望の党」   ・第1章:衆院選でまさかの惨敗   ・第2章:排除しながらのし上がる処世術   ・第3章:都知事選出馬という“下野”   ・第4章:小池百合子に乗りかかろうとした男ども   ・第5章:小池百合子が生んだ立憲民主党   ・第6章:野党再編のこれから  目次を見ても、安積明子さんが小池百合子という政治家に対して、... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/08 22:08
脳裏に、真っ先に去来したのは早すぎるという思いであった
脳裏に、真っ先に去来したのは早すぎるという思いであった  昨日、パークウインズ中京競馬場から帰って来て、自分の部屋でPCを開くと、ネットのニュースの中に【星野仙一さん死去=3球団で指揮、70歳−中日エース、楽天で日本一】という見出しが載っていた。  脳裏に、真っ先に去来したのは、早すぎるという思いであった。  記事の冒頭は次のようである。  <プロ野球中日のエースとして活躍し、引退後は中日、阪神、楽天の3球団と日本代表の監督を務めた星野仙一(ほしの・せんいち)さんが4日午前5時25分、死去した。70歳だった。楽天球団によると、膵臓(すいぞう)が... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/07 22:40
そこには、競馬との腐れ縁を未だに断ち切れない人たちがいた
そこには、競馬との腐れ縁を未だに断ち切れない人たちがいた  女房が土日曜日を含めて、週に4回、アルバイトをやり出した。  朝5時から3時間ほどなのだが、私の公園でのアルバイトが午前中のときには、まったくのすれ違いになる。当然、就寝時間も異なるので、会話もままならなくなってきている。そのせいか、最近は私に対する返事も突っ慳貪になってきている気もする。  今日の1月6日は、共にアルバイトが入っていなかったので、コミュニケーション不足を解消するために、久し振りに一緒に中京競馬場の場外に行ってみることにした。これまでも、私単独で行くことは少なく、ほとんど女... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/06 22:46
私は思い切って、9日の午前11時に予約を入れた
 1月3日に娘が孫3人を引き連れ、玄関から来たよと大きな声を上げながら、我が家にやって来た。  家に入るや否や、中学3年生の上の孫娘が、2階の私の部屋にいきなり飛び込んで来た。  孫娘によれば、3年生の全クラスは、校長の方針なのか、授業の始まる最初の15分間の読書タイムで、新学期から未だに続いているとのことである。  どうも、上の孫娘は前回持っていった本の3冊はすべて読み終わったので、休み明けから読む本はないかと私の部屋に捜しにきたらしい。  すると、真っ先に藤崎彩織さんの『ふたご』を本... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/05 22:46
私のサラリーマン生活は、概ね楽しいものであった
 今日の時事通信社のデジタル版に【貴乃花親方、初の理事解任=2階級降格、役員待遇委員へ—相撲協会】というタイトルの記事が載っていた。  元横綱日馬富士による傷害事件に絡み、相撲協会のさまざまな軋轢が表面化して、あらぬ方向へと飛び火している。  これまでの貴乃花親方の行動を見ていると、ときどき現役サラリーマン時代の自分を思い起こすことがある。  私も現役サラリーマン時代、いわゆる報連相(報告・連絡・相談=ホウレンソウ)を怠り、社長から管理者が一同に会した業務連絡会などで、何度も叱... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/04 22:14

続きを見る

トップへ

月別リンク

ヒカレものの呟き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる