テーマ:つぶやき

桜の季節になると、ときどきカナダ人英語講師を思い出すことがある

 私は市の大府みどり公園で、シルバー人材センターの会員として60時間から70時間ほどアルバイトをしている。  私は去年の3月24日からFACEBOOKを再開したが、今年は飽きもせずに河津桜を皮切りに陽光桜、コヒガンサクラなど、いろんな桜の写真をUPしてきた。  だが、すでにソメイヨシノ、枝垂れ桜は散ってしまい、最後となった遅咲きの八…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

知らず知らずのうちに私の体に今沁みついた肉ジャガの味

 女房の1週間はなかなかせわしない。  週に4日は午前3時から6時まで地元のスーパー銭湯の清掃作業と回転準備に行っているし、老人クラブの陶芸教室に週2日、そして月に1回はシルバー人材センターが主催するネクタイリフォーム教室、書道教室、手芸教室に通っている。  さらに大府市が一般市民に貸し出している「いきいき農園」という自家菜園に、ス…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

肩書きによって、入手した情報の価値の軽重が決まる

 私は現在、市の大府みどり公園で働いている。  私の住んでいる市の近郊にはトヨタ自動車や三菱自動車関連の部品製造会社が多く、そうした会社の製造現場で働いているブラジル人や中国人、ヴェトナム人も近郊には多く住んでいる。  ときどき公園にもそうした外国人がやってくる。  先週の土曜日には中国人の男性とヴェトナム人の女性が公園にやってき…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

サラリーマンにとって、取締役の椅子というのは憧れであった

 サラリーマン経験のない人には、椅子という言葉の響きはさして気にはならないかも知れない。  ただ長年サラリーマンをやってきた者にとっては、社長の椅子とか専務の椅子とかいうときの椅子には、言うに言われぬ憧れの響きがあり、椅子を逃した退職者には、ある種特別な感慨をもたらす言葉である。  サラリーマン現役時代、私の勤めていた会社は愛知県半…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

私の中には、忘れてしまいたい10年がある

 私が45年間、飲みに行っていたスナックが間借りしていた入居ビルが耐震工事をするのを契機にして、3月30日で店を閉めることになった。  私がペースメーカー植え込み手術をした10年前からは、年に1度か2度、顔を出すだけであったが、私が開店当時からの客ということで、3月のはじめに閉店を知らせる葉書が届いた。  コロナ禍ということもあり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私は父母の亡くなった年齢を超えて、しぶとく生き続けております

 どういう訳か、70年も経っているのに昨日の夢の中に母親の母、つまり「おばあちゃん」が登場してきた。  その夢の中で、おばあちゃんは私に「カズくんや、ワシが愛用していた煙管と煙草盆はどこにいったか知っている?」と私に何度も聞いてくる。私はただ、首を振るばかりで、必死にどこにやったか、思い出そうとするが蘇ってこない。  おばあちゃんは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歳を取ったせいか、最近とみに昭和歌謡が恋しくなっている

 私は3月30日から4月4日まで、連続6日間の勤務であった。  実働4.5時間と言っても、やはり連続6日間の勤務はきつかった。  そんなわけで、だらしないと知りつつ、今日は一日中、パジャマ姿で過ごしていた。  BSテレ東「作詞家・石本美由起×美空ひばり 昭和歌謡ふたつの歌魂~海が育んだ絆~」が2020年12月1日に放映された。だが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「いい夫婦」をもじった11-22のナンバーが、何だか空しく映っていた

 私は、平均して月に14日ほど、市の公園でアルバイトをしている。  振り返れば早いもので、働き出してから、もうすぐ5年になる。  男性10人と女性4人のメンバーで、毎月ローテーションを組んで勤務している。  男性の勤務シフトは午前8時から12時半までと午前8時半から午後1時まで、そして午後1時から午後5時半までの3パターンで、どの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

公園で働く14人のメンバーで、生粋の大府っ子は6人しかいない

 私は大府市の公園で、男性10人、女性4人のメンバーとともに働いているが、生粋の大府っ子は6人しかいない。  他のメンバーは北海道、東北地方、山陰地方、九州地方から大府市民となった人たちである。2月末の大府市の人口は92,937人(男性47,446人、女性45,491人)となっている。  私は来期も大府コミュニティ推進協議会の役員を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

それでも、私の中に犬を飼おうという気持が生まれることはない

 私は現在、男性10人と女性4人のメンバーで、市の公園で働いている。  男性10人の勤務は午前と午後に分けられており、1日の勤務時間は午前も午後も4.5時間と決められている。  ただ午前の勤務の中で、働く時間は4.5時間と変わりはないが、出勤が午前8時で、通常よりも30分早い勤務シフトがある。  今日、私はその勤務シフトの日であり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は4月1日で、エイプリルフールと呼ばれる日である

 今日は4月1日で、私の小学校の時代から、この日に仕掛けられた他愛ない悪戯に引っ掛かった人は「四月馬鹿」と言われたり、エイプリル・フールと呼ばれたりしている。  この日は、たわいない嘘なら、いたずらや冗談として許されるという日として、早くから日本に根付いてきた風習だが、最近はエイプリル・フールという言葉を余り聞いたことがない。今はたわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私が臨時担任をしたクラスの中の一人が看護師となった

 私は最近、自分の蔵書を整理し出したが、高校時代の本棚から、何やら藁半紙の束のようなものが出てきた。  私は20歳の9月初旬から3週間、隣り町の東浦中学校で教員免許取得のために教育実習を行ったが、そのときの臨時担任をしたクラスの生徒に、私のことについて書いてもらった感想文の束であった。  蔵書の整理をほっぽり出して、再び読んでみると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近、自分でも驚くような間が抜けた行動を取ることがある

 私は今年、喜寿を迎える。  立派な後期高齢者である。そのためか、自分でも驚くような間が抜けた行動を取ることがある。  私は市の公園で働いているが、就業マニュアルにより、作業開始と同時に支給されたベストを着て、IDカードを首から掛けることになっている。  ふと気付くと、いつの間にか、首に掛けていたIDカードが行方不明になっていて、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現在、駅前にある喫茶店は喫茶店チェーンのコメダ珈琲店1軒だけになってしまった

 私が所属している大府コミュニティ推進協議会の広報部長から、次回の広報誌発行について、3月27日の午後2時から地元公民館で打ち合わせをしたいから、集まってほしいとの連絡が入った。  私は今期、広報部会の副部長に任命されていたが、来期は辞退したい旨を会長に伝えてあったが、その打ち合わせ会議で一般の部会員として来期も継続して、広報誌の発行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

市の都市計画課から、「大府50景記念品ご当選のお知らせ」が届いた

 私が住んでいる町内に川池という雨水調整池があった。  あったというのは、その川池を市は2億9千万円をかけ、1年がかり整備造成して、親水空間の川池公園という街区公園に生まれ変わらせたからである。その公演は私の家から歩いて7、8分のところにある。  その公園完成にあたり、昨日の3月25日の午前10時からオープニングイベントを開催された…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

料理店の経営者が代わると、店の雰囲気も味も変わってしまうようだ

 私はときどき、東海市の大池公園に散歩に出かける。  一人のときもあるし、女房と一緒のときもある。  東海市の大池公園に行くのは四季の花々を鑑賞できるのと、市庁舎のランチが質量、価格ともお値打ちだからである。  残念ながら、大府市庁舎のレストランとは大きな差である。  我が家から、その大池公園までの道のりで、知多半島道路のインタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どの本も古くからの友人のようで、別れがたい

 何年前か忘れたが、中日新聞の朝刊コラム「中日春秋」に次のような文章が載ったことがある。  <本棚が満杯になると、やむを得ず本の整理を始めるのだが、これがなかなか難しい。どの本も古くからの友人のようで、別れがたい。  久々の出会いに、つい手に取って読み始めてしまう本もある。大げさかもしれないが、何やら運命を感じるのだ。新しい発見、喜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は珍しく慌ただしい1日であった

 私は毎日のブログを書く前に、ときどき2局か3局、無料で遊べるネットのオンライン対戦麻雀をやることがある。気分一新のためである。  今日の午前10時からは2億9千万円かけて造成された町内の街区公園の完成式典にやじ馬の一人として参加した。  式典が終了してからは、上の孫娘の大学入学祝いでパソコンを買ってやると約束したので、その費用を引…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本語は本当に難しい、今更ながらの私の本音である

 今日、自然科学者の坪井忠二氏が日本独特の挨拶文を不思議な文章だと書いていたのを再読していた。  その文章とは次の通りである。  <「たいへんお寒くなりましたが、貴下にはますますご壮健にお過ごしのことと存じ、およろこび申し上げます」などというと、主語になるべきものが三つもある。われわれはこういう表現になれているから、まあいいだろうし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今もって川端康成の新文章読本の単行本を手に入れないままになっている

 古本屋の店主には変わった人が多いようである。  10年ほど前、私は女房と一緒に名古屋の大須観音に行った帰りに上前津の交差点の角にある古書店に立ち寄った。  実は、私は50年ほど前には家庭教師代が入ると月に何度か、大学の帰りにこの古書店に立ち寄って、川端康成、吉行淳之介、大江健三郎、北杜夫氏などの小説を買い求めたことがある。  残…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

また無我夢中で自主映画つくりに奔走してしまうようである

 3月20日と21日は市の愛三文化会館(勤労文化会館)で開催された「おおぶ映画祭2021~映画の可能性は、あなたの可能性~」に出かけて行った。  全国から応募のあった69の自主制作映画の中から5作品と招待作品の合計10作品が2日間に渡って上映された。  この「おおぶ映画祭」は今年で4回目となるが、私は去年に引き続いて2回目となる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誰にも自分の人生の結果が予測できないのとよく似ている

 私は社長から命ぜられて、28年間、三菱重工の営業担当をやってきた。  私はそれまで中央競馬の馬券を購入したことはなかったが、最初に自分の会社の担当として面会した資材課の主任に突如、誘われて、初めて5000円の軍資金を持って中京競馬場に行ったのが競馬に関わった最初である。  競馬にお付き合いをしたあと、帰りにどこかで食事をしようと別…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そんなことはやり過ごせばいいという気持になっている

 女房は市の老人会が主催している陶芸教室、シルバー人材センターが講師を招いて開いているネクターリフォーム教室、書道教室、手芸・洋裁教室に通っている。  そのほかにもJAから自家菜園も借りて野菜つくりをしているので、私は昼食をよそで食べることが多くなっている。  今日も女房は陶芸教室に行っているので、私は散歩がてらに市庁舎のリニューア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

親しい大切な人を呼ぶときは「固有名詞」で呼ぶのが、私流の二人称の呼び方である

 今月16日に我が家にやって来た娘が「わたし、お父さんみたいな人と結婚したくないとずっと思っていたけど、近ごろ、うちのダンナがお父さんに似てきて、困っている」と突然、嫌味を言ってきた。  娘がちゃんと自分のことを「わたし」と言っていることに気付いて、やっと大人になったなと感じていた。  娘は二十歳過ぎまで、会話の中で自分のことを「わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

落語「授業中」を聞いて、私なりに出した結論はまた別であった

 今日、本棚を整理していると「声に出して読みてゃあ名古屋弁」(二代目勤勉亭親不孝著、すばる舎)という本が出てきた。  東海市の古書店で購入した本である。  私はその本を購入するとき、<勤勉亭親不孝>という芸名が受け継がれていることに驚いていた。  その懐かしい芸名に触れたことで、私の気持は一気に56年前の自分に戻っていった。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日も市の公園の同僚たちはゴルフ談議で盛り上がっていた

 ゴルフというスポーツは、一度その楽しみを味わったら、なかなか抜け出せないものらしい。  私は現在、月に60時間から70時間、市の公園で働いている。仕事は公園全体の管理事務とバーベキュー場サイトの貸出業務である。  メンバーは私を含めた男性10名と女性4名である。その男性の中で、5名がゴルフを趣味にしている。休憩中の雑談の多くはゴル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

それが私が酒を飲むときに自分に課したルールであった

 私は結婚してから人並みに晩酌をやっていたが、あることを契機に30代後半ぐらいから、晩酌を断った。  私が勤めていた会社は、今から40年ほど前に愛知県半田市に新工場を建てて、私が営業担当していた製品をその新工場で生産・出荷することとなり、新工場稼動とともに、私は半田市に転勤することになった。  新工場の工場長は、私が師と仰ぐ本社の常…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一刻も早くコロナ感染症が終息してほしいと願うばかりである

 今朝7時に起きたときには、もうすでに女房はJAから借りている「自家菜園」に出掛けて行ったあとだった。  前日にその旨を聞いていたので驚きはしなかったが、いつものヨーグルトにバナナという朝食を止めて、今朝は自分で目玉焼きを作ろうと思い立った。  だが、オリーブオイルが見当たらず、ちょっぴり残念という気持のまま、子どもの頃のように卵か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これからも女房に頭の上がらない日々が続くことになる

 13日の土曜日、市の公園の午後1時までの勤務を終えて家に帰ると、机の上にメモ書きがあり、JAから借りている「いきいき農園」で採れた鏑と大根を持って、妹のところに行っているから、昼食は自分で用意して済ませるようにと書かれてあった。  以前は、女房が出かけていると台所に行って生麺のラーメンを茹で、白菜とネギをきざんでから、ラーメン汁に入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

それが、私が普通電車で名古屋に行く理由である

 私はコロナ禍で、この2年間、名古屋に出かけることを控えていた。  最近、名古屋に行きたいという気持がひとしお募ってきている。  名古屋には中学高校時代には、毎週のようにJR名古屋駅東口にあった名古屋東映や納屋橋の名宝スカラ座に映画を観に行っていた。  大学受験に失敗して1年間だけ、JR名古屋駅西口側にあった予備校河合塾に通ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more