テーマ:50代以上のblog

一概に娘のためだと言い切れないと、私は自分自身を納得させていた

 7月17日付の中日新聞の知多版に百キロを超えるジャンボカボチャが「げんきの郷」で19日まで展示されているというので、女房を誘って出掛けて行った。  知多版の記事によれば、このジャンボカボチャは4月に苗を定植して、5月の後半に育てる実を一つに絞ってから、成長させたということである。最近になり、これ以上の大きさが見込めないと思われたので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私のノートパソコンには、友人からのメールがまったく送られてこない

 私のノートパソコンには、友人からのメールがまったく送られてこない。友と言える人がほんのわずかしかいないからである。。  送られてくるメールはコミュニティ推進協議会の事務局と広報部会員、地域自治区、そして理事をしているシルバー人材センターの事務局からのメールばかりである。  そのほかには会員登録してある東海警察署のメルマガ「パトネッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その外注会議を契機に大企業の営業担当の私を見る目が変わっていった

 我が家には大衆車なら2台が駐車できるスペースの車庫があるが、女房の野菜作りの道具やら発泡スチロールの花壇やらが置いてあって、女房の軽自動車1台がやっと駐車できるスペースしかなくなってしまった。  私が学生時代に家庭教師をしていた教え子が工務店の社長となり、自らパワーショベルを持込み平地にして、女房と私の車が駐車できる車庫を作ってくれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気がする ― 今や後期高齢者の記憶はそれほど曖昧なものとなっている

 私は市の公園のバーベキュー場で14人のシルバー人材センターのメンバーとともにアルバイトをしている。  1日4.5時間を交代制で月に12日から14日ほど働いている。時給930円で、継続的に勤務ができ、ある程度の収入が保証されている職場なので、シルバー人材センターの職種の中では人気のある方である。  公園のバーベキュー場がリニューアル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

広報部会員名簿は個人情報なので、ひとまずPCのドキュメントに保存しておいた

 7月14日から27日まで、市役所1階市民健康ロビーで「広報おおぶ表紙写真展」が開催されるというので、昨日の午後、見に行ってきた。  パネルには「広報おおぶ」の表紙となった写真30枚が貼られていた。  写真は市民の人たちの姿や大府の季節の風物詩が撮られており、私が現在、働いている大府みどり公園が背景の写真や星名池のハスの写真もある。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日の市役所内はなぜか、慌ただしかった

 私は月の小遣いは17000円と決めている。そのうちの2000円はシルバー人材センターの理事の毎月の手当てである。  だが、私は酒も煙草もやらず、グルメ嗜好もないので、この3ヶ月間は小遣いの15000円を1度も口座から引き落とすことはなかった。  今年2月までの私の小遣いの使い道は、自動販売機で飲料水を買うか、昼食を女房が用意できな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私は毎日、薬漬けの日々を過ごしている

 私は毎朝、循環器内科の2種類の錠剤を飲み、呼吸器内科から処方された2種類の吸入薬を口内に噴射している。  そして夕食後は上述の薬のほかに循環器内科の錠剤が2種類増える。  いずれにしても薬漬けの毎日である。  呼吸器内科の担当医が処方してくれるのは、飲み薬はなく、主に気管支のみに作用し、全身的な副作用が起こりにくい2種類の吸入薬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

広報部会の副部長の役目と思い、2020年度の広報部会員の名簿を作成した

 昨日は午後1時から5時半まで、バーベキュー場の勤務があったが、小雨降る中、1組だけ利用者があった。5人の20代の男性グループであった。  聞くところによると、尾張と三河の間に境川が流れているが、その大府市側の流域にある工業団地にある財閥系企業の主要工場に研修にやってきた人たちのようで、兵庫県の工場からやって来たとのことである。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

会社を辞めるとき、私は名刺のファイルを会社の大きな焼却炉の中に捨ててきた

 私は満62歳のときに会社をRetireした。  満60歳で定年を迎えたとき、私はそのまま会社を辞めようと思っていた。ところが、このブログにも書いたことがあるが、私の仕事の多くを請け負っていた3社がバブル崩壊で赤字経営に陥ってしまった。私はこの3社のために会社に残り、これまでの自分のキャリアを利用して、その3社に見合った仕事を受注して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大手企業に渦巻く欲望に翻弄されるエリートの栄光と挫折の物語

 高杉良氏の『虚構の城』を読み終えた。  私が高杉氏の小説を読み出したのは『金融腐蝕列島』『呪縛−金融腐蝕列島2(上・中・下)』で、会社をRetireしてからは『挑戦つきることなし』『エリートの転身』『新・その人事に意義あり』『創業社長死す』『最強の経営者』、そして先だって『懲戒解雇』を読んだ。従って、この『虚構の城』が9冊目というこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誰もスキルのない六十代の人材なんか求めていない

 私は丹羽宇一郎氏のアドバイスに従い、1日に最低でも30分を読書に振り向けている。  日によって、空いた時間の長短により、読むものを変えている。今はその空いた時間が15分前後であれば、江上剛氏の『会社人生、五十路の壁 サラリーマンの分岐点』を読むし、開いた時間が1時間以上ならば、小説を読んでいる。今読んでいる小説は高杉良氏の『虚構の城…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多くの種類の花に囲まれた公園は、まさに癒しの場所ということもできる

 昨日は女房の父親の墓参りのあと、碧南市の「へきなんたんトピア」に行ってきた。  私にとっては「へきなんたんトピア」は5年ぶりで、そのときは屋内施設である「電力館」「ヒーリングガーデン管理棟」を見学して、屋外の公園はそそくさと回っただけであった。  今日は「電力館」「ヒーリングガーデン管理棟」は、当面の間、休館を継続している。従って…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

私が女房のお墓参りにお供をしたのには、もう一つ思惑があった

 今日も強い雨が降っている。  私の父親は5日、母親は4日、そして女房の父親は6日に亡くなっている。私は7回忌法要が済むまで、毎月墓参りにいっていたが、それが過ぎると年に2回ほどしか、墓参りには行かなくなった。  なお、女房の父親の墓は高浜市にある。  だが、7月6日は雨だったので、女房と一緒に行こうと思っていたが、余りに強い雨と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私はシルバー人材センターの職種としては、翻訳事業はそぐわないと思っている

 私が所属しているシルバー人材センターは会員を10ブロックに分けて、それぞれにブロック長を置いている。そのブロック長は理事も兼務している。  私はその10ブロックのうちの1つ、大府ブロックのブロック長を仰せつかっている。会員数は88名で、7つの班に分かれている。  シルバー人材センターの毎月第一水曜日に入会説明会が開かれる。ブロック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私はひたすら広報誌の発行に興味を持つ会員の出現を願っている

 私は大府コミュニティ推進協議会の広報部会の副部長を仰せつかっているが、7月4日に今期初めての役員会議が開催された。  コミュニティ推進協議会の役員は2人の監事を含めて43名で、そのほかに顧問として、県会議員1人と市会議員4人がおり、さらに公民館館長と小中学校長が名を連ねている。  7月4日に出席したのは顧問を除き、20名であった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今は「おおぶ元気商品券」の効果が目に見えることを期待することしかない

 私は市の公園のバーベキュー場で働いている。  コロナ対策の関係から、4月からバーベキュー場は閉鎖となっていたが、6月19日からバーベキューサイトを31から16に減らして再開することとなった。  ただし、条件付きである。  利用者にはまず検温をしてもらい、マスクを全員に着用しもらい、全員の名前に加えて、連絡先の提出もしてもらうとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビジネス小説というのは、読んでいて飽きることがない

 江上剛氏の『事情銀行』を読み終えた。  江上剛氏の小説を最初に読んだのは、今はもう閉店となってしまった市内の古書店で購入したハードカバーの『隠蔽指令』であった。まだ帯も付いており新品に近かったが、価格は200円であった。  その後、『抗争』『鬼忘島』『銀行支店長、走る』『人生に七味あり』『翼、ふたたび』、そして最近は『庶務行員 多…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私はバナナの売れる時期にもう1度、平戸池に来てみようと思っていた

 今日は国立長寿医療研究センターの循環器内科の定期検診の日であった。  血液と尿の生理検査、そのあとレントゲン撮影と心電図の測定がある。それを午前中に終えてから、12時45分からペースメーカーチェック、午後1時間からは循環器内科の担当医の診察と続いている。  私は2011年の11月16日にペースメーカー植え込み手術をしたが、こうした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帰宅した女房に「おおぶ元気商品券」のことを話すと、急に顔がほころんできた

 今日7月1日は私が会員となっている大府シルバー人材センターの入会説明会が開かれた。  入会説明会がこれほど長くかかるものとは知らなかった。  午前9時半に始まり、終了したのが午前11時30分であった。その間、トイレ休憩も設けられていなかった。  午前9時5分に会場に入ると、いきなり事務局長から「ブロック・地域班組織について」の説…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大府市には気象観測の拠点として 気象庁の気象観測所(アメダス)がある

 最近、私の住んでいる大府市が最高気温のことで、県内で第2位とか第3位になったと、しばしば地方のテレビ局が報じている  私は同じ公園で働く除草班やバーベキュー班の女性メンバーたちから、大府市の気温を測定する場所はどこにあるのかと訊かれることが多くなった。  そこで、その場所をネットで検索してみた。  大府市には気象観測の拠点として…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私はPCの画像処理はフィルター機能とトリミング機能だけを使用するようにしている

 私の髪は3ヶ月前に整髪をしたきりで、それ以来、新型コロナのために1度も理髪店に行っておらず、バサバサになっている。  私は7月1日に行われるシルバー人材センターの入会説明会に新会員のアドバイザーとして、立ち会うことになっている。いくら髪型を気にしない私でも余りにひどいバサバサ頭では気恥ずかしくなった。  そこで、車で10分ほどのと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

池の中には重機が数台と土嚢のようなものが積んである

 私は「ちたまる安全安心」というメルマガに登録している。  登録と言っても、そのフォームに従って自分のメールアドレスを入力するだけである。  「ちたまる安全安心」のメルマガに登録すれば、東海市・大府市・知多市・東浦町が発表する「防災情報」、東海警察署からの「防犯情報」、知多地域の気象警報、東海・北陸エリアの地震速報などから、自分が知…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

納屋橋は今でも名古屋らしい景色、情緒、雰囲気を持った街である

 6月27日付の中日新聞に次のような記事が載っていた。  <NHK連続テレビ小説「エール」の主人公、古関裕而。愛知県刈谷市で「刈谷小唄」の作曲も手掛けた。  その刈谷小唄のテスト盤とみられるレコードが、刈谷市内の個人宅で見つかった。昭和20年代の古いレコードからは、当時の音がはっきりと聞こえた。>  その作詞は詩人のサトウハチロー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プラスチック製レジ袋の有料化が7月1日から義務付けられる

 今日の午後3時15分ごろ、それこそ一天にわかに掻き曇り、ガラス戸を打ち砕くようなどしゃ降りとなった。  すると空に稲妻が走り、バサッという大きなが音がした途端、電気が切れてしまった。2階の窓から通りの信号機を見ると真っ暗になっており、交差点では互いの車が恐る恐る頭を出し、安全を確認しながら走っている。  おそらく中部電力の緊急対応…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイサンボクは大きな花である

 6月21日は父の日であった。  嫁に行った娘は、ダンナから「お父さんから、いつもみんなが本を借りて来るのだから、父の日には図書券を持って行ったらどうか」と言われたので、近いうちに行くからねと電話をよこした。だが、今日になっても娘はやって来ない。  先だっての中日新聞の夕刊コラム「夕歩道」に次のような文章が載っていた。  <母の日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

欲との2人連れが悪い結果をもたらしているようである

 三菱UFJ銀行のインターネットバンキングを利用しようとすると、自分のEメールアドレスを入力しないと登録できない。それが登録するための必須条件になっているからだ。  恥ずかしいが、私はこの登録の際にはじめてEメールアドレスとは何かを調べてみた。  Eメールアドレスとは【Electronic Mail(電子メール)】のことで、英語では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女房のスマホのナビのルートに従い、三ヶ根山から帰ることにした

 今日は早目を昼食を摂ってから、女房を誘い、三ヶ根山のアジサイを観に行くことにした。  今は23号線が豊橋まで開通しているので、私の家から三ヶ根山までは約1時間のドライブということになる。  私は会社をRetireしてから、女房と一緒に形原温泉の「あじさいの里」と三ヶ根山には2007、2008、2010、2013、2015年と5回も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私は即刻、ゆうちょ銀行の口座を三菱UFJ銀行のインターネットバンキングに登録した

 昨日、女房の軽自動車の新車購入の手続きに付いていった。  私はすでに三菱UFJ銀行に2つの普通口座を持っているので、軽自動車の購入代金の引き落としの口座はゆうちょ銀行がいいと思い、新規に口座を開設してもらった。意外にこれも時間がかかった。  女房専用の軽自動車だが、名義は私になっているので、住民票のほかにその新規開設した貯金通帳と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私は新聞記者という職業にまるで向いていないことを知った

 中日新聞の知多版に「デスク席から」というコラムがある。  6月21日付の「デスク席から」には次のよう文章が載っていた。  <新聞記者になったばかりのころ、先輩記者からよく「記事を書くときはなるべく形容詞を使わないように」と教えられました。「遠く離れた」と表現したければ、例えば「約百キロ離れた」と具体的に書くようにと。「形容詞はしょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲斐甲斐しく働く彼女を見て、慌ただしく胸の奥から熱いものがこみ上げてきた

 6月20日の中日新聞の地方版に【希望の虹、ともる 名古屋・栄】という見出しの記事が載った。   内容は次のようだ。  <都道府県境をまたぐ移動が解禁された十九日、名古屋・栄のオアシス21と名古屋テレビ塔では「未来への希望」をイメージした虹色のライトアップが始まった。名古屋市によると、新型コロナウイルスを予防する「新しい生活様式」を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more