テーマ:自分史

学年で一番頭のいい子を呼んでやるから、顔を拝んでいけよ!

 私はある事情で大府市の中学校から、隣りの刈谷市の南中学校に転校した。  私が誰にも付き添われずに、その南中学校に最初に登校した日、校長室に呼ばれ、校長先生からさも自慢げに言われたことがあった。  南中の中学1年生には成績が常に学年1位で抜群に頭のいい女の子がいる。君もイタズラばかりやってないで、その女の子に見習って勉強したらどうか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同級生が「あんた、カズくんなの?」と言いつつ、近寄ってきた

 私は3月17日に市の愛三文化会館(勤労文化会館)で開催された第26回文協歌謡祭に出かけていった。  その歌謡祭が終わり、会場前のフロアの3人用のソファに座り、自動販売機で購入した缶コーヒーを飲んでいた。  すると会場の出口の方から、同年代の女性2人がこちらに向かって歩いてくるのが見えた。  私はシルバー人材センターのブロック長を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初恋の人T.T.と付き合った5年間は、私の青春そのものであった

 私が通っていた高校は、愛知県立刈谷高校であった。  地元の刈谷市から通うものは3割近くで、刈谷市以外から通っていた7割の者のうち、名鉄三河線知立駅から碧南駅までにある三河線の駅から通っていた者がほとんどであった。  私みたいに三河線沿いの駅ではなく、JR大府駅からの者でも、結局、JR刈谷駅で降りて名鉄三河線に乗り換え、刈谷市駅で下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

半年後には、もう誰の口の端にも彼女の話題はのぼらなくなった

 私は、このブログに「恋愛」というテーマで322の記事を書いてきた。  その中で、この記事はフィクションだという意味を込めて、記事の主人公を「男」「和夫」「カズオ」とか、自分のあだ名である「Issa」や女性の名前で書いてきた記事が70近くもある。  その中で、まったくのフィクションは5つほどしかなく、残りは事実がベースになっていて、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

43年も経つと、もはや、くちなしの花に感傷を抱くことはなくなった

 中学高校からの友だちS.Y.は、高校時代、新聞部で活躍していた。  その新聞部時代の仲間たちは半世紀以上経った今でも、年に何度か、仲間の自宅に集まっては旧交を温めているようである。  ところが、その新聞部の仲間が、今年の2月と3月に立て続けに亡くなった。彼の落胆ぶりには想像に難くない。  私は高校時代、文芸部に所属していて、新聞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

焼酎を飲みながら、私は消えそうになる来し方を蘇らせていた

 私は30歳になった頃、義兄は急に思いついたように、私を近くのスナックに連れて行ってくれた。  そこのマスターは地元の企業に勤めていたが、脱サラしてスナックを始めたというので、仕事上で関連のあった義兄は私を連れて、店内の様子伺いに行ったのである。  それが縁で、私は会社をRetireするまで、週に1回はそのスナックに顔を出すようにな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今は昔、多くの駅には伝言板が備え付けられていた

 昨日、女房のガラ系のケイタイをスマホに切り替えるために刈谷市のドコモショップに行ってきた。  スマホ本体の頭金とカバー、充電器、SDカードで、1万5千円を一括払いにして、通話かけ放題、インターネットはパケット5GB設定で契約した。概算料金はこれまでの契約料金とほとんど変わらないとのことだった。  ドコモショップの店員によれば、自宅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脱脂粉乳が給食に出るなんて、わたし、泣きたいくらいなんです

 私は70数年、大府市に住んでいるが、不思議と隣接する東浦町には縁があった。  最初、私が東浦町に足を踏み入れたのは、1965年の9月7日から5日間、東浦中学校での教育実習のときであった。  その教育実習で、長坂繁子という女性と一緒になった。  前日に校長に挨拶に行ったとき、直接校長から「校長室を仕切って、教育実習生のために机と椅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あれから、すでに65年の月日が流れてしまっている

 昨日、市の愛三文化会館(勤労文化会館)に開催された文協歌謡祭に出かけていったが、終了後、館内の自動販売機で焙煎珈琲を購入し、休憩用の椅子に座って、歌謡祭の余韻に浸りながら、飲んでいた。  すると、こちらに向かって来る女性2人に気付いた。  その一人は、私と同じ市のシルバー人材センターの会員で。同じブロックに所属している。小学校の同…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

社長の友だちの娘を袖にしたのだから、出世は諦めた方がいいかもね

 私は23歳のときに大学を中退して、社員300名の自動車部品製造会社に入社した。  最初に所属したのは管理部生産管理課外注係という部署で、入社3年目を迎えても外注から納入される製品の進捗をやらされているだけで、外注係のメイン業務である新規部品の加工先の選定とか外注単価の交渉とかの仕事はやらせてもらえなかった。  まるで小間使いのよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今でも左唇下にえくぼができていた彼女の顔がくっきりと浮かんでくる

 最近の天気予報がよく当たる。午後から雨の予報がピッタリ当たった。  今日のバーベキュー場は4組の予約があったが、3組がキャンセルとなり、残り1組も午後からの本降りに気乗りがしなくなったのか、早々と引き揚げていった。  こうなると私たちバーベキュー班は手持無沙汰となり、ただただ恨めし気に空を仰ぐだけとなる。  私は雨の中の「じゃぶ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

刈南中「第13回生卒業式」は、奇しくも雪の日であった

 私は、去年の9月末から10月にかけて3回にわたり、「おおぶ文化交流の杜図書館」で開催された文章講座「はじめての自分史」を受講した。  そのとき、偶然にも中学1年のときにクラスが一緒だった同級生に出会った。改めて60年ぶりという年月の長さに驚かされたが、それだけではなく、今年の1月19日、大府市民活動センター(コラビア)で開催された「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

75歳での終活って、早過ぎるのではなかろうか

 私は刈谷南中学校の第13回の卒業生で、クラスは3年3組であった。  中学高校からの友だちは、自ら進んでその3年3組のクラス会誌「麦の歌」の編集委員となり、その発行に拘り続けた。第1号の発行が昭和34年(1959年)だから、60年前のことである。  残念ながら、このクラス誌は昭和42年の3号で終わってしまった。  だが、中学高校か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今度は、根尾谷の「雨の薄墨桜」をモチーフに絵を描きます

 私のサラリーマン生活は38年間であった。  最初、高校時代の友だちの兄が経営する会社に5年間勤めたあと、地元の同じ自動車部品製造会社に入社し、定年後の2年間を含めて、33年間勤務した。そしてそのうちの28年間は営業担当であった。  私が営業担当する製品の受注が3年間で5倍になったことから、1983年の12月に知多半島の半田市の工業…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東山植物園でデートしたカップルは必ず別れる

 私が通っていた高校の裏に、プロテスタント教会があった。  中学3年生のとき、同じクラスだった友だちに誘われて、私は教会に通うようになった。今から50年ほど前のことである。  その当時、刈谷市には私が通っていた普通高校ともう一つ商業高校があった。その商業高校から教会に行っていた私より一つ年下の女子高校生がいた。  物事にいつもはっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

それって義理チョコ、それとも本命チョコ、今もはっきりしていない

 2月14日はバレンタインデイであった。  私は市の公園のバーベキュー場でアルバイトをしているが、そのバーベキュー班には4名の女性メンバーがいる。私は2月14日は出勤ではなかったが、早々と2月9日と13日の勤務日に一緒だった女性メンバーから、わざわざ「義理チョコ」ですと告げられ、チョコレートを渡された。  また昨日は地域コミュニティ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

微笑んだその人の顔は、どんな女性よりも美しかった

 私は22歳の頃、愛知県刈谷市にある雀荘でアルバイトをしていたことがある。  雀荘の2階には6畳の部屋があり、私は雀荘のご主人が提供してくれた布団で、寝泊まりしていた。働く時間は通常午後7時から11時までであった。  私は11時になると決まって近くにあるお茶漬け屋に出掛けて行った。  お茶漬け屋といっても、カウンターやボックスもあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

22歳の頃、私は雀荘で半年間アルバイトをしていたことがある

 私は22歳の頃、大学を休学していて、愛知県刈谷市にある雀荘で半年間ほどアルバイトをしていたことがある。  働く時間は通常午後7時から11時までである。ただ、その時代は、大手会社でもまだ土日曜日の休みが隔週だったので、隔週の土曜日と日曜日は午後3時から店に出ていた。  その半年間の毎週水曜日、いつも私の到着を待っていてくれるメンバー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今朝、あなたのお姉さんと会ったよ!!

 私は市の公園のリニューアルされたバーベキュー場で働いているが、去年の10月に新しい男性メンバーがバーベキュー班に入ってきた。  しばらくしてから、その男性メンバーが「今朝、あなたのお姉さんと会ったよ」と話しかけてきた。  確かに私の姉はその男性メンバーと同じ町内に住んでいる。そのことは分かっていた。  私の姉もその男性メンバーも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「あの人、とっくにダンナと別れたわよ!」と、そっと教えてくれた

 私は現在、市の公園のリニューアルしたバーベキュー場でアルバイトをしている。  去年の10月にバーベキュー班の男性メンバーが、自己都合で辞めてしまった。どうも人間関係のもつれのようだが、誰も私に詳しい事情を話してくれない。  急遽、70歳の男性メンバーが補充された。  聞けば、その男性メンバーは若い頃から、私がよく通っていたスナッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

このカレーライス、おいしいなあ、お前は本当に幸せな奴だ!

 12月27日、中学3年のとき、同じクラスだったノリコさんへの年賀状に「ノリコさんと話していると、なぜか元気をもらっている気がします。ありがとう。」と添え書きした。  久しぶりにクラス会で会ったりすると、そのたびにノリコさんは「隣の町から、やんちゃな子が転校してきたと聞いていたけど、3年生でクラスが一緒になってみたら、噂と違って、話し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひょんなきっかけで、高校時代のノンちゃんとの思い出が蘇ってきた

 私は10月20日のこのブログにノンちゃんとの中学時代の思い出を書いた。  私は今日、ひょんなきっかけで、高校時代にもう一つ、ノンちゃんとの思い出が蘇ってきたので、そのことについて書き込もうと思い立った。  「Issaくん、ちょっと相談に乗ってくれない?」   ゴールデン・ウィークを1週間後に控えたある日の放課後、私が文芸部の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<12:30 A105教室で待っています>

 私は、ゼミ仲間の雅代から渡されたメモ紙を内ポケットから取り出し、内容を確認する。  <12:30 A105教室で待っています> ― そのメモ紙には、そう書かれている。  私が通う大学の教室棟は、正門から近い順にAからE棟まであり、A105教室というのは、A棟の1階にある105教室のことで、苑子はそこで、私を待っているというのである…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初恋の人の表情が、今でも心に貼り付いたままになっている

 私は一年浪人して、地元の大学に入学した。  当時は大学に合格すると、中日新聞の地方版に合格者の名前と大学名、そして出身高校が記載されていた。その効果だろうか、母親のもとに家庭教師をしてほしいという話が幾つもあり、その中で母親が薦める3人組の家庭教師を週に4日、やることになった。1ヶ月交替で、3人の中学生の家に出向いての家庭教師であっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青春時代の恋の結末には甘酸っぱいものである

 私は1年浪人して、名古屋の私大に通うようになった。  これで、中学3年生の同じクラスだった4人全員が大学生となり、そのうちの3人が地元で家庭教師をやっていた。その家庭教師の終わる午後9時ごろに、4人全員がSの家に集まり、会費の千円を持って、近くの「インディアン」という居酒屋によく飲みに行った。  確か、ビールの大瓶が160円か、1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発売当時、サニーもカローラもオートマチックではなく、マニュアル車であった

 私が現在乗っている車は、2016年にマイナーチェンジした三菱ミラージュである。  そのミラージュは販売店が1年間、試乗車として使用していた車で、いわゆる新古車と言われている。走行距離はわずか4千kmを少し超えていた程度であった。  車検は2019年の2月までだが、販売店から半年点検の連絡がきたので、11月28日に販売店の整備工場ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クレジットは三菱Diaカード、道路はDia ETCカードを利用している

 私のサラリーマン生活は38年間であった。  その間、1度は転職したが、どちらの会社も金属加工の部品製造会社であり、その製造工程はNC旋盤、NCフライス、マシニングセンターなどのマシン加工やプレス加工、各種溶接加工はまったく同じであったので、与えられた仕事にさして戸惑うことはなかった。  最初に入社した会社では、1年の現場経験のあと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私は「昴」を聴きながら、ある人のことを思い出していた

 私は2016年の4月から、市の公園のバーベキュー場でアルバイトをしている。  今年もまた3回目となる忘年会を12月10日の月曜日にやることになった。一次会はJR駅前の割烹料理店で行い、2次会は女性メンバーの知人夫婦がやっているカラオケ店が東浦町の於大公園近くにあるので、そこでやってはどうかという提案がなされた。  料金は場所提供の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

男女のことは合縁奇縁、当人同士でなければ分からないことばかりである

 私は12月5日で満74歳になるが、30歳から35歳ぐらいまで、隣の市の刈谷市の土日市場の居酒屋によく飲みに行っていた。  土日市場は正式には高倉土日市場と言い、現在でも月の土日曜日には、肉、野菜、魚などの市が立ち、近隣から多くの人が集まり、市場として盛況を呈している。  今は建て替えられているが、1970年代にはその市場の片隅にプ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

前社長は、私に何度も戻ってこいと言ってくれた

 私は23歳で大学を中退して、のちに専務となる中学高校の友だちの兄が経営する会社に入社した。  製造現場での1年間の経験を経て、岡崎市に本社を置く従業員1000人規模の自動車部品製造会社の営業担当を任されるようになった。  入社して5年後、トヨタのカローラのカーエアコン部品の受注を巡り、すでに専務となっていた中学高校からの友だちと私…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more