今はテーブルマナーなどすっかり忘れてしまっている

 今の私は酒も煙草もやらないし、グルメ嗜好もない。  だが、35歳のとき、三菱重工の営業担当を任命されてからは、いつ何時、三菱重工の重役や海外企業の客先と食事に行くかも知れないと思い、一応テーブルマナーについての本を読んだことがある。実際にナイフとフォークの使い方も何度も練習した。  その練習の成果が出たのか、営業担当時代にはテーブ…
コメント:0

続きを読むread more

交通標語『狭い日本、そんなに急いで何処へ行く』が流行った時代

 私は現在76歳で、後期高齢者である。  75歳以上の後期高齢者の運転者がスピード違反や信号無視等の一定の違反行為があった場合には、認知機能検査を受けなければならないことになっている。  恥ずかしい話だが、38年間のサラリーマン時代に何度も更新したが運転免許証がゴールドになったことがない。  私はせっかちな性格である。営業担当の任…
コメント:0

続きを読むread more

相変わらず、その女性の顔は美形のままだった

 私は少しの時間が空くと、阿刀田高氏の『私が作家になった理由』を読んでいる。  今朝、女房と一緒に「あぐりタウンげんきの郷」に車で出かけていったが、女房と私は行きたいところが違っていたので、別行動を取った。  女房は野菜と魚を買いに行き、私は「すくすくヶ丘」の中にあるスイーツ&フードコートに向かった。最近、甘い物に目がないからだ。 …
コメント:0

続きを読むread more

今年はバレンタインデイのチョコを受け取ってくださいね

 私は現在、市の公園で男性10名、女性4名と共に、1ヶ月で12日から14日間ほど働いている。  昨日、女性4名の中に1人から、私のパソコンに「2月14日のバレンタインデイにチョコレートを持って行くから受け取ってくださいね」というメールが入っていた。  そう言えば、去年のバレンタインデイのとき、私は男性メンバー全員にチョコレートを渡す…
コメント:0

続きを読むread more

遠いあの日の『たしかさ』が、やっぱり今も住んでいる

 私は何でも残しておく性格である。もったいないという気持ではさらさらなく、単純に整理整頓が下手だからである。  その性格は後期高齢者になっても変わらない。  そのどうしようもない性格のために、2階の私の部屋は自治区やコミュニティ推進協議会のときの広報誌の書類や写真、そして4年間、シルバー人材センターの理事をやってきたので、その都度、…
コメント:0

続きを読むread more

私はWebメールやメールソフト、eメールの意味が未だに把握できていない

 私は満62歳で会社をRetireした直後に、ディスクトップのパソコンを購入した。  パソコンの立ち上げはすべて娘がやってくれ、パソコンのメーカーがNECということもあり、ブロバイダは最初からBIGLOBEで、メールも何の抵抗もなくBIGLOBEメールを利用していた。  去年の秋ごろから、BIGLOBEのマイページの画面に【「BIG…
コメント:0

続きを読むread more

ドリアンの味は未経験の味なので、うまく説明することができない

 先だって、果物の王様と言われているドリアンに関する記事を書いた。  私は職業訓練の一環として、名古屋にある外国学校で3ヶ月間、ビジネス英語を学んだが、卒業したあとも足かけ2年間、同じ外国語学校で英会話を学んでいた。  そのとき、私は基礎からやり直すつもりで、2009年では英会話のレベルで最も下位のBasicの授業を受けていた。 …
コメント:0

続きを読むread more

外観を見る限り、生活のために応募した人たちには見えなかった

 私は市の公園で働いているが、今朝、出勤してみると、女性のメンバーが市の広報誌「広報おおぶ」に【皆さんの声でつくる「大府50景」】の写真を募集しているから、私に応募したらどうですかと言ってきた。  応募の期間は2月1日から28日までとのことである。  私はこの4年の間で、現在、働いている大府みどり公園の四季の花々をデジタルカメラで撮…
コメント:0

続きを読むread more

私が今、最も好きな果物はマンゴスチンではなく、マンゴーである

 2021年は2月2日が節分の日で、節分の恵方は毎年方角が変わり、2021年の恵方は「南南東」だということである。  女房は意外とこうした行事には関心があり、午前中に買い物に行き、恵方巻を2本買ってきた。私はそのうちの1本を「南南東」の方角を向いて、黙したまま食べ終わる。  なお、恵方とは歳徳神という一年を守ってくれる神様がいる方角…
コメント:0

続きを読むread more

できない尽くしの私だが今思えば、自分の人生、満更でもなかったと思わないでもない

 私は年賀はがきの下2桁が当たったのが5枚あったので、郵便局に行って切手シートと交換してもらった。生まれて初めてのことであった。  お年玉と書かれた長方形のシートに63円と84円の切手が貼られている。  そう言えば、私はこの40年間、コンビニでも郵便局でも切手を購入した経験がない。すべて女房任せきりにしていた。  改めて調べてみる…
コメント:0

続きを読むread more

その後、二度と呉服屋の若旦那とも同級生の娘とも会うことはなかった

 私の22歳のころ、父親が肺がんとなり、安城厚生病院に長期入院をしたので、私は昼間は鉄工所で働き、夜は愛知県刈谷市にある雀荘に半年間ほどアルバイトをしていたことがある。  働く時間は通常午後7時から11時までである。但し、昼間の会社が休みである隔週の土曜日と日曜日は午後3時から店に出ていた。  毎週水曜日、いつも私の到着を待っていて…
コメント:0

続きを読むread more

私は少しずつ、英語教師の使う日常の英会話に馴染んでいった

 私は満62歳で会社をRetireした。  60歳で定年を迎えて、会社から定年延長の要請を受けたが、私は2年間という期限付きで了承した。満62歳になると厚生年金が満額支給となるからだ。  そして、私は名古屋にある南山大学を5年で中退したので、会社をRetireするとすぐ、同じ文学部に再入学が可能かどうかを教務課に尋ねに行くと「それは…
コメント:0

続きを読むread more

今、彼女は子育て奮闘中とのことである

 私は2006年の6月から3ヶ月間、ハローワークの職業訓練の一環として、外国語学校I.C.NAGOYAでビジネス英語を学習した。今から15年も前のことである。  その中に28歳の女性がいた。名前をKanae(歌苗)さんと言った。  喫煙仲間ということもあり、他のクラスメートより本音で話し合うことが多かった。  彼女はグローバルビジ…
コメント:0

続きを読むread more

私を除いて、13人の同僚メンバー全員がスマホを利用している

 最近、パソコンの画面に突如として【WinZip Driver Updater】というフレームが登場して、これからパソコンでやろうとしている作業が妨げられるようになった。  【WinZip Driver Updater】が一旦、登場するとそのフレームの右上の×印をクリックしてもなかなか消え去ろうとしない。何度もバツ印をクリックしている…
コメント:0

続きを読むread more

2007年7月の記事に【ブログ気持玉】が付いたことを知らせるメールが届いた

 BIGLOBEウェブリブログをやり出したのは2006年の6月からなので、今年の6月でほぼ15年となり、その間にUPした記事は5300を超えている。  BIGLOBEウェブリブログには、【ブログ気持玉】というクリックするだけでブログに感じた感想を付けられるサービスがある。その気持玉の種類には、なるほど、驚いた、面白い、ナイス、ガッツ、…
コメント:0

続きを読むread more

【夢はすてたと言わないで】よかったと、つくづく思ったものである

 私は市の公園で働いているが、出勤時に管理事務所に入るとき、必ずドアを3回ノックするようにしている。  1月17日の午後からの出勤時にも同じようにドアを3回ノックした。  すると先に出勤していた女性メンバーに「事務所のドアをノックして入るのはISSAさんだけですよ」と言われてしまった。  私は意地悪を仕掛けたつもりではなかったが、…
コメント:0

続きを読むread more

今のパソコンはWindowsXP、Windows7に次いで、今使用しているWindows10で3台目となる

 私はほぼ毎日、午後7時ごろから、Wordでブログの文章を書き始める。  昨日も同じようにWordで文章を書いて、インターネットに繋ごうとしたら、突然、画面がフルーズ状態になってしまった。  以前、再起動して修正ができたので、同じように再起動をクリックしてみたが、特定のアプリに原因があるので、そのアプリを復帰させるか、またはキャンセ…
コメント:0

続きを読むread more

その後、女将さんの浮いた話は一度も聞くことはなかった

 私は30歳から45歳ぐらいまで、隣の市の刈谷市の土日市場の居酒屋に飲みに行っていた。  今は規模が縮小されているようだが、当時の土日市場は、月の土日曜日に肉、野菜、魚などの市が立ち、近隣の市町村から、かなりの人が集まり、市場として盛況を呈し、どの週も人出で賑わっていた。  市場の敷地の片隅にプレハブで建てられた居酒屋が6軒並んでい…
コメント:0

続きを読むread more

大府市の感染者数はまだまだ増えそうである

 昨日の夜、女房が「○○さんの奥さんと話したことがあるの?」と訊いてきた。  私は、その名前を1度も聞いたこともないし、話をしたこともない。  女房曰く、その奥さんのダンナさんとは陶芸教室の仲間であり、よく話をするそうである。  私は月に2回、地元の公民館で「旅先での英語」という授業を受けているが、その教室で、奥さんはまた私と一緒…
コメント:2

続きを読むread more

上海のガーデンブリッジを歩いているのは、私一人だけであった

 私は2003年3月から2006年3月にかけて放送された英語トークバラエティー番組「英語でしゃべらナイト(毎週月曜日23:15 - 23:45)」を毎週欠かさず、観ていた。  その2006年1月3日に放送された「英語でしゃべらナイト」は上海スペシャル版で、和平飯店の「上海オールドジャズバンド」のことが話題に上っていた。  その放映を…
コメント:0

続きを読むread more