G20の日には、名古屋市内を迂回する道路も相当に混雑することが予想される

 今日は11月度のシルバー人材センターの理事会が開催された。  12月度の審議事項は新規入会登録者と正社員1名の採用の承認の2点だけであり、あとは報告事項であった。  その中に「シルバー人材センター役員視察」があり、次のような日程が報告された。  日時は11月22日の金曜日で、視察場所は近江八幡市シルバー人材センターである。毎年、…
コメント:0

続きを読むread more

私はあの頃の通勤地獄のことまで、今は忘れてしまっているようである

 私は3年前から、大府コミュニティ推進協議会の広報部会に所属し、さまざまな行事やイベントの写真撮影や取材をしている。  大府コミュニティ推進協議会には5つの部会があり、それぞれ年間計画を立てて活動をしている。  その5つの部会の1つ、家庭教育部会の年間行事の中に「おはよう挨拶運動」があり、毎月第1月曜日と第3月曜日には、小学校の校門…
コメント:0

続きを読むread more

私は早速、0120で始まる怪しげな電話を着信拒否の設定をしてみた

 14日から17日まで、女房は生まれ故郷の島根県に兄弟姉妹5人と墓参りに行っている。おそらく帰りは午後9時ごろであろう。  今日は私が会員となっている大府コミュニティの緑花推進事業として、JR駅周辺の花壇の花の植え替えが行われる。この花の植え替えは大府コミュニティが市の委託を受けて、春と秋に実施されている。  広報部会員の誰かが、そ…
コメント:0

続きを読むread more

きっと女房に「お父さんの世間知らずは死ぬまで治らないね」と揶揄されるに違いない。

 今日のバーベキュー場の勤務は、午後1時から5時半までであった。  14日から17日まで女房は家を留守にしている。だが、朝食は買い置きしてあるヨーグルトとバナナなので、そんなに手間はかからない。午前7時ごろに早目の朝食を済ませ、私はある作業に集中した。  デジタルカメラの画像処理である。  広報部会の広報誌づくりに熱心な女性部会員…
コメント:0

続きを読むread more

私がBIGLOBEウェブリブログを立ち上げたのは、最高の選択であった

 私は昭和19年生まれだが、パソコンに関しては中途半端な世代である。  PC時代の対応に遅れたてはならないと、会社からの指示で、一太郎か花子か、どちらのソフトウェアだったかは忘れたが、大名古屋ビルジングの三菱電機の会議室で4日間の講習を受けさせられた。今から30年も前のことである。  確か、交通費も昼食代も自費で、しかも隔週で土曜日…
コメント:0

続きを読むread more

今日の血液検査で、【γ-GT】の値が106にもなっていた

 11月14日の今日は国立長寿医療研究センターの循環器内科の定期検診の日であった。  女房も一緒であった。  女房は今日の夕方から、墓参りのために兄弟姉妹5人と生まれ故郷の島根県に行くことになっている。帰りは17日の夜中になる予定なので、私の方から何も言わなくても付き添ってくれる気になっているようだ。  それと前回の血液検査で、γ…
コメント:0

続きを読むread more

運動会の記事をどう料理されても構わない、私はそう開き直っていた

 11月に入ってから、連続勤務が続いている。  最近、つくづく自分の体力が落ちてきているのを感じて、一人落ち込んでいる。12月になれば、バーベキュー場はシーズンオフになるので、それまでは頑張ろうと思っている。  とろろが、13日の今日は午前8時半から午後1時までであったが、帰りの公園の階段を下りるとき、膝ががくがくとなった。  シ…
コメント:0

続きを読むread more

もうすぐバーベキューシーズンは終わる

 私は現在、コミュニティ推進協議会広報部会の副部長を仰せつかっている。  広報部会の役割は行事の取材、コミュニティ機関誌の編集・発行などとなっていて、この役割を広報部会員15名で分担している。  だが、広報部会員に名を連ねただけで、編集会議にも出席しない人もいる。通常の編集会議の出席者は10名ほどである。その中に機関誌の編集・発行に…
コメント:0

続きを読むread more

イギリスのメディアは概ね、両陛下のパレードを好意的に報道してくれている

 昨日の11月10日、市の公園のバーベキュー場の勤務は午後1時から5時半までであった。  徐々にバーベキューシーズンは終わりを告げようとしている。来週の土日曜日を過ぎると予約客は減り、再来週にはピーク時の3分の1ほどになる。  しかし、昨日の11月10日は秋晴れで、31サイトのうち、27サイトが予約客で埋まっており、目が回るほど忙し…
コメント:0

続きを読むread more

私は少しの時間が空くと根本昌夫氏の『[実践]小説教室』を読んでいる

 私は現在、少しの時間が空くと根本昌夫氏の『[実践]小説教室』を読んでいる。  本書の中では、小説家を目指すための具体的な方法や小説の書き方だけでなく、小説の読み方についても解説がなされている。  当然、小説を書こうなどいう大それた望みを持っているわけではないので、専ら、本書の小説の書き方を通じて、読み方のポイントを学べればいいと思…
コメント:0

続きを読むread more

又吉直樹氏の『人間』を読むのは、まだ時間がかかりそうである

 昨日は11月3日に開催されたコミュニティ運動会の写真を整理していた。  運動会の本番に合わせて、写真を撮り続けながら、競技の入れ替えのタイミングを見計らって、その都度、気に入らない画像を削除し続けた。だが、それでも画像をパソコンに取り込むときに417枚という数字が表れてきて、自分でもびっくりしてしまった。  その417枚の画像をト…
コメント:0

続きを読むread more

来年もブロック会議の開催日を決めるのに苦労するのかも知れない

 私は現在、シルバー人材センターのブロック長を仰せつかっている。  私が受け持っているブロックの会員数は92名である。ブロック長は年に1回、ウィークデイにブロック会議を開催しなければならない。  会議の日程は令和2年の1月22日から2月7日の間に開催するようにとシルバーの事務局から通達を受けている。  15年以上も前から、毎年、地…
コメント:0

続きを読むread more

28年間、勤務した半田工場の横を車で通り抜けて行こうと思っていた

 今日は女房を連れて、半田市雁宿ホールで開催されている「木版画・水彩画 合同作品展」に行ってきた。  先だって、地元の愛三文化会館で開かれた木版画展に行ったが、その会館のロビーの棚刺しにこの「木版画・水彩画 合同作品展」のフライヤーが置いてあった。  私は大学時代の親友の影響で、今でも水彩画に興味を持っている。TBS系で毎週木曜夜7…
コメント:0

続きを読むread more

急に自分が老け込んでいくのを感じていた

 私は63歳のとき、市のシルバー人材センターの会員になった。  その3日後にシルバーの事務局から、市営駐車場の管理人をやらないかと勧誘の電話を受けた。  市営駐車場はJR駅の東側と西側にあり、管理人室での単独就業なので、一刻も早く仕事に慣れるように1週間の研修期間があった。その職場は年間を通じて働ける職種で、毎月一定の収入を見込めた…
コメント:0

続きを読むread more

私はガラケイだが、取り残された気持が次第に萎んでいくのが分かった

 今日一日、せっかくの休みであったが、女房は用事があるとかで、午前9時半ごろ、自分の車で出かけていった。  10年ほど前、市営駐車場で一緒に働いていた同僚が出品している「木版画合同展」が愛三文化会館で開催されているので、今日は女房と一緒に行こうと思っていたが、やむを得ず、明日の午後から行くことにした。  女房に用事があり、家で独りぼ…
コメント:0

続きを読むread more

昨日の運動会の写真を見直したが、自分の満足する写真はほとんどなかった

 私の父親は5月5日に亡くなり、母親は女房が看護師として勤める病院のICUで、7月4日に息を引き取った。  私たち夫婦は毎月4日、もしくは5日に先祖代々の墓のある菩提寺にお参りに行っている。今日もまた両親の眠る菩提寺にお参りに行ってきた。  この寺の住職は、還暦を迎えることなく胃癌で亡くなった父親とは、同年齢ということもあって仲が良…
コメント:0

続きを読むread more

今日は、コミュニティ推進協議会が主催する運動会の日であった

 今日の11月3日は、私が会員になっているコミュニティ推進協議会が主催する運動会の日である。  この運動会は一昨年と去年は連続して雨のために中止となった。そのために役員会で開催日を5月か6月にしてはどうかという意見も出たようだが、市内にある複数のコミュニティ推進協議会が主催する運動会はほとんどが5月か6月に開催しており、支援してくれる…
コメント:0

続きを読むread more

現在「コミュニティ推進協議会」のホームページはネット上を漂流している

 10月31日のコミュニティ推進協議会の広報誌の編集会議のとき、市には7つのコミュニティ組織があるが、それぞれの区域が分かるような地図はないものだろうかと訊ねられた。  私は、市民協働部協働推進生涯学習課が作成した「大府市コミュニティ組織について」というウェブサイトの中に7つのコミュニティ組織の区域が分かる地図が載っているので、それを…
コメント:0

続きを読むread more

そろそろ、広報誌から手を引く時期が来ているのかも知れない

 昨日もまた、市の公民館の視聴覚室で、午後7時半からコミュニティ推進協議会の広報誌の編集会議があった。  午後6時ごろ、急に広報部会長から家電に連絡が入り、広報誌に「コミュニティ委員」の募集の広告を載せたいので、その文章を考えてほしいということだった。どうもコミュニティ推進協議会の会長からの要請のようである。  私はこれまで、こうし…
コメント:0

続きを読むread more

主人公んの「わたし」の父が友人から、あひるをもらってきた

 今村夏子さんの『あひる』を読み終えた。  この単行本には表題の『あひる』のほか、書下ろしの『おばあちゃんの家』と『森の兄弟』という短編が収録されている。  そして、『あひる』はごく短い作品ながら、第155回(平成28年上半期)の芥川賞の候補作に選ばれている。  この回で芥川賞を受賞したのは村田沙耶香さんの『コンビニ人間』だが、こ…
コメント:0

続きを読むread more