ホワイトデーを2日後に控えて、私は親会社の2歳年上の女性を思い出していた

 幾つになっても、バレンタインデーにはチョコレートを男性に贈る女性はいるものである。  私は現在、市の公園のバーベキュー場でアルバイトをしているが、そのうち女性は4人いて、年齢は68歳から72歳である。  さすがに女性でも70歳を過ぎたら、バレンタインデーに男性にチョコレートをあげる人は少ないようである。  私にチョコレートを渡し…
コメント:0

続きを読むread more

Then, why don't you google it?(そのときは、それをググってみようよ)

 私は市の公園のバーベキュー場で、バーベキュー班の一員として、アルバイトをしている。  そのバーベキュー班のリーダーは、シルバー人材センターの会員番号の若い番号からの輪番制になっている。バーベキュー場がリニューアルされてから4年なので、これまでに4人のリーダーが誕生している。私は2代目のリーダーであった。  そのリーダーのところにシ…
コメント:0

続きを読むread more

せっかちな性格の私には、その手持無沙汰が何よりも辛い時間となる

 今日の市の公園のアルバイトは午前7時45分から12時半までであった。  この勤務シフトの最初の仕事は、公園の第1駐車場と第2駐車場の車侵入防止のポールを下げることである。車侵入防止のポールは合計16本あり、開錠するにはいちいち腰を屈めなければならない。  雨の日に傘を差してはこの作業をすると、たちまちびしょ濡れになるので、雨模様の…
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりに愚痴ばかりになってしまった

 私は現在、大府市のシルバー人材センターの会員となっている。2008年の7月に入会したので、もうじき12年になる。  入会して4日目にシルバーの担当者から、市営駐車場の管理人の仕事を紹介され、5年間就業した。その当時、市営駐車場の管理人は人気職種だったので、就業年数5年を超えてはならないという内規があったので、その内規に従い、その職場…
コメント:0

続きを読むread more

カズオとトモミの瞳から、涙が同時に零れ落ちた

 私がこのブログを立ち上げてから、昨日で私が書き続けてきた記事が5000を超えた。  私の記事はだらだらと長く、いつも1400から1500字になっている。1400字で計算してもこれまでに700万字にもなる。  私は5000の記事のうち、恋愛に関する記事を322も書いてきた。  先だって、女優松下奈緒さん主演の連続ドラマ「アライブ …
コメント:0

続きを読むread more

私はYouTubeで、韓国の歌手李成愛さんの『大田ブルース』をときどき聴いている

 私はYouTubeで、韓国の歌手李成愛さんの『大田ブルース』をときどき聴いている。  『大田ブルース』が、今でも私の記憶に強烈に残っているのには。あるきっかけがあったからである。  私が初めて韓国を訪れたのは全斗煥政権の1986年で、私の厄年の年であった。  私が三菱重工の冷熱枇杷島工場の営業を任されてから、5年が経ったころだっ…
コメント:0

続きを読むread more

御園座に行くべきか、今や私にとって悩ましい問題となっている

 今日の市の公園のアルバイトは午後1時から5時半までであった。  今日も相変わらず、小中学校と地元高校の休校で、その生徒たちと家族連れが押し寄せてきている。  駐車場にには普段のウィークデイの倍以上の車が停まっており、小中高校生が乗ってきたと思われる自転車で駐輪場は満車状態、オーバーフローした自転車が第2駐車場から公園に向かう坂道に…
コメント:0

続きを読むread more

そこには冬に逆戻りしたような寒さがあった

 私の父親は5月5日に満59歳で亡くなり、母親は7月4日に74歳で旅立った。  私たち夫婦は毎月4日か5日のどちらかの日に菩提寺にお墓参りに行っている。  たまたま3月4日は私が市の公園の勤務が入っていたので、3月の勤務表が決まった時点で、女房と相談して3月5日にお墓参りに行くことを決めていた。  今日は私の住む地域にある熱田神社…
コメント:0

続きを読むread more

公共施設が利用できない状況で生活をするのは、何とも窮屈で味気ないものである

 今日の市の公園のアルバイトは午前7時半から12時半までであった。  出かけに玄関わきに置かれている鉢植えを見ると同じ公園で働く除草班の男性にもらったミモザの花が小さいながらも満開であった。  私にミモザの木の鉢植えを渡してくれたのは、私より3歳年下の男性で、何かと私に気を遣ってくれる。私が常日ごろ、話し相手となっているからであろう…
コメント:0

続きを読むread more

今は新型コロナウィルスが一刻もはやく、終息することを祈るばかりである

 今日の市の公園のバーベキュー場のアルバイトは午後1時から5時半までであった。  12時半に公園の駐車場に行くと、ウィークデイなのにほぼ満車状態、停めるスペースを捜すのに苦労するほどであった。  確かに私がアルバイトをしている公園の駐車場は、昼食を摂るために営業マンが立ち寄ったり、トラック運転手が仮眠するために停車したりしていて、昼…
コメント:0

続きを読むread more

今の時代のインスタントカメラは、いわゆるコスパのいいカメラということができる

 今日は国立長寿医療研究センターの耳鼻咽喉科の半年ごとに行われる診察日であった。  私は咽喉部に米粒大の嚢胞があり、その嚢胞に変化があり、癌に移行していないかどうかを内視鏡でチェックするのが、今日の診察の眼目である。  2月28日に呼吸器内科の検診があったばかりだったので、私は半年ぶりの今日の耳鼻咽喉科の診察日をすっかり忘れていた。…
コメント:0

続きを読むread more

その人のおもかげが、さびしく記憶の奥に埋もれてしまうはずがない

 昨日の夜、コミュニティ推進協議会の事務局長より、次のようなメールが入った。  【三月度(3/3) 役員会はコロナウイルスの為当日の会議を延期します。延期の日程は未定です。決まり次第連絡します。】   確かにコミュニティ推進協議会の役員会議は30人から40人が集まるので、やはり延期ということになったらしい。  だが、前期は広報部会…
コメント:0

続きを読むread more

情熱が消滅しないかぎり、写真を続けてもらいたいものである

 私は国立長寿医療研究センターの診察日に生理検査がある場合は、1時間半近く早めに家を出る。  昨日は私の車が年点検のために乗用車の正規販売店の整備工場に入れてあったので、女房の軽自動車で一緒に出かけていった。  昨日の呼吸器内科の診察は午前9時半となっていた。  私は午前8時に地下1階の総合受付に到着し、フロアに備え付けの器械に診…
コメント:0

続きを読むread more

国立長寿医療研究センターとは、私はどうも死ぬまで縁が切れないようである。

 今日は国立長寿医療研究センターの呼吸器内科の生理検査と診察の日であった。  私は2018年の5月の下旬から、就寝中に呼吸ができなくなり、飛び起きて深呼吸をして、息を調える行為をする日が多くなった。  夜寝るのが怖くなってしまった。  これでは市の公園のアルバイトはできなくなると思い、急遽、国立長寿医療研究センターに診療を受けに行…
コメント:0

続きを読むread more

いずれにしても、今の段階でじたばたしても仕方がないようである

 女房は今日、朝9時に窯入れとかで陶芸教室に出かけて行った。  ところが、午前9時半ごろに陶芸教室の作業場がある児童老人福祉センターが新型コロナウィルスのために閉館になっていたとかで、帰ってきた。  女房は10年ほど前から、長寿会のメンバーで構成される陶芸教室に通っている。  市はそうした陶芸教室に施設設備と陶芸窯使用を提供してい…
コメント:0

続きを読むread more

「二ツ池公園」の噴水を河津桜超しに撮ってみた

 昨日は24日の天皇誕生日の振替休日で、私も女房もアルバイトは休みであった。  昼食を終えてから、今にも雨が降りそうな空模様であったが、女房が急に思いついたように「二ツ池公園」の河津桜を観に行こうと言い出した。  アルバイト先で、河津桜のことが話題に上ったのであろうか。  二ツ池公園の河津桜は、大府ライオンズクラブが2002年12…
コメント:0

続きを読むread more

 私はとうとうコミュニティ広報部会の写真係になってしまったようだ

 2月25日、午前8時20分から大府小学校の体育館で「地域の安全に感謝する会」が開かれた。  私は「感謝の会」に招待されたわけではなく、広報誌に載せる写真撮影のためだけにやって来ている。  午前8時10分に小学校の玄関前に集合となっていたので行ってみると、玄関前にほんの数名の人が集まっているだけである。  午前8時10分を過ぎたの…
コメント:0

続きを読むread more

都合がいいことも悪いことも正直に私に報告してくれないか

 私のサラリーマン生活は23歳から始まった。  就職した先は、中学高校からの同級生の兄が創業した会社であった。その会社の業務内容は自動車用防振ゴムの金具製造であった。  最初の1年間は製品の特性を知るために、その金具の製造工程4部署の現場を経験させられた。  その体験が終わると、今度は突然、外注担当を命ぜられた。数社の協力工場への…
コメント:0

続きを読むread more

そんな時代もあったねとしばらく笑って生きようよ

 中学からの友だちから、『はがき絵』という冊子が届いた。  彼はブログに、「これまでの年賀ハガキや暑中見舞いを冊子にして100冊作った」とあり、親しい人に送ったということが書かれていた。  図々しく、私のところにも届くのかなと思っていたが、一向に届く気配がかった。それはそれとして、彼の心にまで踏み込むようなことはしたくないと思い、外…
コメント:0

続きを読むread more

趣味嗜好は人それぞれ、そのことに茶々をいれるのは野暮というものである

 私の住んでいる市には「大府文化協会」という組織があり、文芸、美術、音楽、芸能、演芸、茶華道、趣味、歌謡など、さまざまなジャンルの団体が所属している。  その事務局は愛三文化会館内(勤労文化会館内)に設置されている。  歌謡のジャンルに所属している市内のカラオケ同好会は10団体あり、それらの団体の幹部が協力し合って、毎年「文協歌謡祭…
コメント:0

続きを読むread more