私も偏屈とも言える言動を、知らぬ間にしているのかも知れない

 私はビッグローブの会員になって、12年になる。
 その間、NTT東西のフレッツ光回線とBIGLOBEのインターネット接続サービスを
ひとつにまとめたビッグローブ光に乗り換えた。
 また今年になってから、BIGLOBEの利用料金の支払い方法が「KDDI請求」に変更になった。去年の12月14日にKDDIからの請求書を確認する際に必要となる「auID」がメールで送られてきた。1x○○○〇〇〇〇〇〇となっている。なお〇印は算用数字である。
 請求書は「MYau(WEB)」に「auID」と「パスワード」でログイン後に確認することができるが、それには事前に「パスワード」の設定が必要なので、その手続きをしてくださいというのがメールの内容であった。
 パスワードを設定しようと思った。
 そのパスワードはメールに添付されてきたURLから設定しなければならない。その設定手順は最初に自分のメールアドレスを入力してから、送られてくる「確認コード」を取得する。その「確認コード」を入力すれば、「MYau(WEB)」のページにアクセスすることができる。
 そこからさらに請求書の明細を見るには、先に送られてきた「auID」(1x○○○〇〇〇〇〇〇)と新しく設定したパスワードを入力しなければならない。
 ところが、「auID」の1x○○○〇〇〇〇〇〇の【x】が何なのかが分からない。単純に「×」印かも知れないと思い、入力してみたが、「auID」が間違っていますというメッセージが出る。
 仕方なく、メールの中に表示されている1x○○○〇〇〇〇〇〇をコピーして、入力しようとしたが、どうしても貼り付けることができない。よく見ると半角で入力と表示されている。もしかすると、アルファベットのXの半角かも知れないと思い、入力してみるとやっとパスワードが設定できた。
 そのあと、メールが指定してきたURLから、「MYau(WEB)」のページを開き、「auID」の1x○○○〇〇〇〇〇〇とパスワードを入れて、自動ログインに設定した。
 これだけのことをするのに1時間半もかかってしまった。つくづく、自分がアナログ人間だということを思い知らされる。

 今週末にコミュニティ推進協議会の広報誌「100号」がネット印刷の会社から、コミの事務所のある地元の公民館に届いた。部数は5500部である。100部に纏められた束をコミに所属する100近くの班別に仕分けしなければならない。
 実はこの仕分けは人数が揃わないと、かなりしんどくて時間がかかる作業である。
 私はいつものように広報部会の部会員に次のようなメールを送信した。
 <コミ広報誌「ふれあい100号」の仕分け作業を1月12日の午後6時から公民館で行います。なお、仕分け作業後に「ふれあい101号」に掲載する記事とレイアウトの打ち合わせを行います。よろしくお願します。>
 ところが、全編集長から、次のような返信メールが届いた。
 <何故18時なのでしょうか?夕食は出るのでしょうか?>
 仕分け作業のあとに、「ふれあい101号」の編集会議をやろうと言ったのは、前編集長自身なので、いつものように午後7時半からでは、夜遅くまでかかってしまうからだと返信した。当然、夕食は出ない。
 前編集長は12日にやって来て、「日曜日の午後6時という夕食の時間帯に招集するのは、非常識だ」と怒りを爆発させた。
 コミュニティ推進協議会の役員も3人ほど手伝いに来ることだし、もし午後7時半からでないと来られないとなれば、編集会議に間に合うようにくれば、それで済むことではないか、私はそう思っていた。
 私も午後5時半まで、市の公園のアルバイトがあったので、帰り道にあるコンビニに寄り、おにぎりとサンドイッチを買って、コンビニの駐車場で夕食を済ませから、公民館に向かった。そして遅ればせながら、仕分け作業を手伝った。
 仕分け作業が一段落したあと、前編集長は仕分け作業のあとに編集会議をやることを、自ら提案しておきながら、編集会議は別の日にやったらどうかと怒り心頭の様子で、言い放った。
 結局は、改めて1月16日に編集会議をやることとなり、あっさり散会となった。
 2年前まで、自分のイニシアティブで仕切ってきた編集会議が、今回、広報部会長の思惑で開催されることになったことが気に入らなかったのであろうか。
 前編集長の態度を眺めていて、思わず知らず、私も偏屈とも言える同じような言動をしているのかも知れないと思い始めた。
 気を付けねば、と自分に言い聞かせていた。

"私も偏屈とも言える言動を、知らぬ間にしているのかも知れない" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。