東山動物園のイケメンゴリラは、ネット上で人気者になっている

 中日新聞の電子版で、この地方のニュースを読んでいたら、【東山動植物園、250万人超す勢い 15年度、暖冬の影響も】という見出しの記事が載っていた。
 <二〇一五年度の東山動植物園(名古屋市千種区)の入園者数が一九九六年度以来十九年ぶりに二百五十万人を超える可能性も出てきた。
   (中略)
 入園者が増えた要因の一つに、園はイケメンゴリラとして人気を集める雄ニシローランドゴリラ「シャバーニ」の存在を挙げる。
 昨年三月、ツイッターで話題に火が付いて以降、英BBC放送など世界のメディアで取り上げられ、シャバーニ目当ての来園者が急増。ゴリラ舎前にかつてない人だかりができるようになった。書籍やDVDなど関連グッズも販売され、根強い人気が続いている。>
画像 東山動物園とは、名古屋市千種区にある動物園で、植物園、遊園地、スカイタワーが一体になった総合施設の一つである。
 この地方に住む者にとっては、東山動物園は子どもの頃から馴染みの場所で、若者たちのデートコースでもある。動物園に隣接する植物園などでは、ときどき学生たちのコンパも行われている。
 私も会社をRetireしてから、椿やバラの季節には女房と一緒に何度も行っており、スカイタワーのレストランで、バイキング方式のランチを食べたこともある。
 いずれにしても、その総合施設は厳寒の冬の除けば、夫婦連れでも一日中、楽しむことができる。
画像 話題となっている「シャバーニ」は1996年にオランダで生まれ、東山動植物園に来るまではオーストラリアで育っていた。2007年に繁殖目的で東山動植物園に来園し、メスのネネとアイの間に各々子どもをもうけ、二児の父でもある。
 そもそも「シャバーニ」が「イケメン」と騒がれるようになったのは、来園者が撮影した写真をネット上で拡散させたのがきっかけだそうである。
 上述の記事の中に【英BBC放送など世界のメディア】とあるのは、イギリスの公共放送局 BBCのニュースサイトとアメリカのニュース専門放送局 CNN のことのようである。
 このイケメンゴリラの「シャバーニ」が両放送局のホームページに紹介されたのは2015年の6月のことだそうだが、地元の私はこれほどの人気になっていることを知らなかった。
 早速、両局のウェブサイトにアクセスしてみる。
 CNNのホームページの見出しは【Japanese women go ape over surprisingly handsome gorilla(日本の女性たちは驚くことにハンサムなゴリラに夢中である)】となっている。
 冒頭の紹介文にも<A surprisingly hunky male gorilla, Shabani, has female humans going ape after mugshots of the 18-year-old animal began going viral on Twitter.(驚くべき素敵な雄ゴリラ、シャバーニは18歳の動物の顔写真を撮るのに夢中になっている人間の女性たちをツイッターのウィルスのようにさせ始めた)>と、見出しとは別にまた【go ape】という言葉を使っている。
 ネットの辞書で調べると【ape】は類人猿と載っている。つまり【gorilla(ゴリラ)】のことを指していると思われるが、すると同じ文中に【ape】と【gorilla】が同時に出てくるので、これはなぜだろうかと私は戸惑ってしまった。
 改めて電子辞書で【go ape】を調べてみると、<気が狂う、ひどく興奮する、(…に)夢中になる、熱中する>とかの意味があると載っていた。
 どうも【ape(類人猿、つまりゴリラ)】と【go ape(夢中になる)】という熟語を使った、いわばかけ言葉で、日本流に言えば洒落だということにやっと気付いた。
 なお、BBCのニュースサイトの見出しは【'Buff' silverback gorilla drawing crowds of women to Japanese zoo (成人した雄のゴリラが女性の群衆を日本の動物園に熱狂的に惹き付ける)】となっているが、恥ずかしいが、文頭の【Buff'】の意味がよく分からないので、惹きつける魅力のあると解釈して、自分なりに訳してみた。
 また【silverback】は次の文にも使われているが、成人した雄のゴリラという意味だと思われる。
 <Shabani, an 18-year-old silverback who weighs 180kg (28 stone), has become the star attraction at Higashiyama Zoo and Botanical Gardens in Nagoya, three hours by train outside Tokyo.(シャバーニ、18歳の成人した雄のゴリラは名古屋の東山動物園と植物園で、客寄せパンダ的な存在になっており、名古屋というのは東京から電車で3時間のところにある)>
 いずれにしても東山動物園の来園者が2014年に比べて、大きく増えたのには「シャバーニ」の人気が貢献しているということには異論はなさそうである。

"東山動物園のイケメンゴリラは、ネット上で人気者になっている" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]