今は頭の中にしか存在しない影絵のような風景である

 私は満69歳のときに同級生の地域自治区の区長に広報部長になってほしいと頼まれて自治区の広報誌「自治区だより」の編集責任者となった。  広報部長と言ってもアシスタントはおらず、私1人だったので、各種行事やイベントの取材や写真撮りも、そして叩き台となる記事も書き、編集もすべて自分がやっていた。  代々、引き継がれてきた「自治区だより」…
コメント:0

続きを読むread more