久しぶりに刈谷市の古本屋を訪れてみたは、店は閉められていた

 最近、女房に本の整理をしてくれとやかましく言われている。  残しておくべき本と、もう廃却していい本を分別してほしいと言うのである。  私は物心付いてから、この60年の間に、自分で買った本をなかなか手放すことができないでいる。自分が生きてきた証しだとの思いが強いからであある。  本の整理をし出すと、時流に乗せられ衝動的に買った本や…
コメント:0

続きを読むread more