今では、英語で〝話す、聞く〟の機会がなくなってしまった

 先だって読み終えた阿刀田高氏の「私が作家になった理由」の中に、作家の井上ひさし氏が「日本語には音が少ないこと、外国語には音が多いこと」について、阿刀田氏と気軽に語り合ったことが書かれていた。
 さらに井上氏が「そのせいで日本語は同音異義語が多く、しゃれがつくりやすいんですよ」とも言っていたことも書かれている。
 それに対して、阿刀田氏は言葉を次のように継いでいる。
 <英語と比べれば、日本語は母音も少ないし、バビブベボではBとVの区別が薄い。RとLのちがいもない。>
 日本人にとっては、この違いは大きい。
 ネイティブな人にとってはBとV、RとLには明確な違いがあり、Bは日本語の発音と同一であり、Vのときには舌唇を噛んで発音し、またRの発音の時には口内のどこにも触れずに発音し、Lの発音の時には上の歯の裏側に舌を触れて発音すれば、ネイティブ・スピーカーは確実にRとLの区別を聞き分けてくれる。
 私は大学で英語学英文科を専攻しており、すべての講師はすべてネイティブ・スピーカーで、日本語で講義を受けることはなかった。
 だが、日本人の私にはBとVの違いは、相手が気を遣って大げさに発音してくれれば、何とか分かるが、通常の会話のスピードだとRとLの違いを聞き分けることができなかった。
 RとLの聞き分けと発音練習のために、何度も落ちこぼれの仲間たち数人と課外授業を受けさせられた。
 何とか、RとLの発音だけはできるようになったが、今もって相手が発音した単語が、RなのかLなのかを聞き分けることはできない。残念ながら、文脈で推測するしかできないのが現状だった。
 そう言えば、日本語の「あ」に相当する英語の母音は、短母音だけでも「æ」「ʌ」「a」「ə」と4種類もある。ネイティブ・スピーカーにとってはまったく違う母音なので、上述の阿刀田氏の同音異義語の「しゃれ」を作るのが難しいことに繋がっていく。
 実は大学時代、この4種類の「あ」の母音についても、何度も発音練習をさせられた。今では意識しても4種類の「あ」の母音を区別して、発音できない。

 阿刀田氏は別の項で、さらに英語について、次のように語っている。
 <外国語を聞いたり話したりする教育をほとんど受けなかったし、外国人に接する機会も乏しかったのだから、これができないのは当然である。昨今は早くからの〝話す、聞く〟の教育が叫ばれ、もてはやされているが、私としては「読むことも大切ですよ」と、これも軽視してはなるまい、と考える立場である。>
 私も同じ見解を持っている。
 言い過ぎかも知れないが、外国人と商談を交わす立場なら別だが、〝話す、聞く〟は簡単な日常会話だけで充分だと思っている。
 特に後期高齢者となった今では、〝話す、聞く〟の機会がなく、改まった英文に出会えるのは、専ら英字新聞を読むときだけである。
 今は自分が信頼するイギリスの公共放送局 BBCのWEBサイトの会員となっており、パスワードを入力すれば、すべての記事を読むことができるし、意見も送信することもできる。
 ときどき、英文の意味の確認のためにGoogleの翻訳サイトを利用している。そうすれば、ほとんど英文記事の内容が把握することができる。
 だが、最近、使われ出したCDC(米国疾病対策予防センター【Centers for Disease Control and Prevention】)といったものは、面倒でもネットで改めて検索しなければならない。
 それを面倒と思わず、検索しているとむしろ興味が湧いてきて、面白いと感じるときが多くなっている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント