スマホ依存症になりそうで、私はなかなかその機能を受け入れないでいる

 私は現在、シルバー人材センターの理事をやっている。
 昨日は2月度の理事会が開催された。理事会は会社で言えば、運営委員会のような趣旨の会議であり、シルバー人材センターの事業運営について話し合う会議だが、実はシルバー人材センター事務局が提案する議題をただ追認する場となっている。
 理事になってから、3月末で丸4年になる。理事会に出席すると2000円の手当が支給される。私にとってはあぶく銭のようなもので、それをいつも本代に当てている。
 私の代わりに理事になる人を捜しているが、なかなかやり手が見つからない。理事の任期は最大で6年間である。今の段階では、あと2年間、理事を続けなければならない状況となっている。
DSCN9835 (2).JPG そう言えば、1月度の理事会で、女性シルバー会員募集のために「スマホ初心者講座」を開催されることになり、昨日、中日新聞にそのチラシが織り込まれた。
 その講座の内容は令和3年3月11日にシルバー人材センターが間借りしている会館の大会議室で午後1時半から3時まで開かれて、その受講料は無料となっている。
 さらに受講者には「市内在住の60歳以上の女性限定」という条件も付いている。
 講座のコースは2つあり、その1つはスマホを持っていない人のための【体験会】で募集人員は10名、もう1つは現在スマホを持っている人のための【入門編】で募集人員は20名となっている。講師はドコモのスタッフとのことである。
 昨日の朝刊に織り込まれたチラシを読んだと思われる人から、受講申し込みの電話が入り、昨日1日で【体験会】が3名、【入門編】の方が10名の申し込みがあったとのことである。この調子だとすぐに満杯になりそうなので、ドコモと相談して、応募人数を増やすことを検討しているようだ。
 チラシを見た同じ公園で働く女性メンバーから、スマホ講座を受けて、LINEに加わってほしいと私のガラケイに電話が入った。
 先だってもこのブログに書き込んだが、14人いるバーベキュー班で、今やガラケイは私だけなので、女性メンバーからは1日も早くスマホに切り替えてほしいと言われ続けている。
 確かに私が現在、使用しているガラケイはあと2年で使えなくなる。いずれスマホに切り替えなくては思ってはいるが、そうかと言ってLINEをやる気はない。スマホに支配されているような気がするからである。
 私はコロナ発症者が出る前は、月に1度の割合で名古屋に出かけていった。
 帰りは午後7時を過ぎることが多いので、通勤客と一緒のことが多かった。改めて客車内を眺めてみると8割以上の人がスマホの画面を見つめている。
 14年前、名古屋駅前の外国語学校で、午後5時から始まる英会話教室に通っていたが、その行き帰りの電車の中で、まだスマホが普及する前だったのか、ケイタイやスマホの画面を見ている人はほとんどいなかった。
 14年前はその代わりに文庫本やコミック雑誌を読んでいる人がいたが、それでも3割程度であった。私のそのうちの1人であった。
 但し、私の場合、読んでいるのは次回に使用する英会話の教材であった。
 今ではスマホは必需品なのか、下を向いて、まるで誰もが周囲を気にしていない状況は、私には異常に映っていた。最近ではLINEの普及がそれに輪をかけているようである。
 私にはやはり、この人たちはスマホに支配されて生きているような錯覚に陥ったものである。
 街頭テレビの時代に育ち、相手とのコミュニケーションには黒電話しかなかった時代を経験してきた私には、このようなスマホ時代が到来するとは夢にも思わなかった。
 時代につれて周囲の状況も変わり、幸せ感も変わって当然なのであろうが、私は時代遅れなのか、スマホ依存症になりそうで、なかなかその機能を受け入れないでいる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント