小牧工業高校マーチングバンド部を題材にしたドラマをDVD予約しておいた

 今日、シルバー人材センターが主催している「ネクタイリフォーム教室」から、女房は帰って来るといきなり、市内のスーパーマーケットとショッピングモールで、新型コロナウィルスの感染者が出たというあやふやな噂を教えてくれる。
 私はシルバー人材センターの3月の理事会で、市から理事として出席している産業振興部の部長に市内の新型コロナウィルスの状況について質問した。
 その内容はいろんなところで、まことしやかに市内で新型コロナウィルスの感染者が見つかったという噂が流れているが、事実かどうかを尋ねたのである。
 産業振興部の部長は、もし市民に感染者が出たら、必ずホームページで公表し、プレスリリースすると断言していた。
 私は早速、市のホームページの「新型コロナウィルス感染症に関する情報について」というページを開いてみた。4月1日の欄にはこの噂に関する記事は載っていなかった。
 無責任な噂は、すぐに拡散していくもののようだ。

 公園のアルバイトを午前中に終え、パソコンを開いてみると、地域コミュニティ推進協議会の事務局長から、次のような内容のメールが届いていた。
 【1 大府自治区から】
   ハイタッチ運動の中止について
    4/7に予定していました挨拶運動(ハイタッチ)は、コロナウィルス予防
    のため、中止いたします。
 【2 大府コミュニティ推進協議会(家庭教育部会)から】
   あいさつ運動の中止について
    4/7(大府小学校、4/20(大東小学校)に予定していましたあいさつ運動は、
    コロナウィルス予防のため、中止いたします。

 私が住んでいる地区には、大府自治区と大府コミュニティ推進協議会という2つの団体が地域活動をしている。
 私が会員となっている大府コミュニティ推進協議会は、夏まつり大会や運動会、そして公民館芸能祭・花植え事業など、イベント中心に活動する団体だが、自治区の「ハイタッチ運動」とコミュニティ推進協議会の「あいさつ運動」は同様の活動なのだが、なかなか合体して行動しようということにはならないようである。
 いずれにしても、両団体の4月の行事・イベントはすべて中止となってしまった。
 不思議なもので、中止となると何だか、気が抜けたような状況になってくる。
 コミュニティ推進協議会の広報誌の発行時期も相当に遅れることになる。

 夕食を摂ってから、中日新聞の電子版を読んでいたら、【小牧工高マーチングバンド部題材のドラマ放送 中京テレビ】というタイトルの記事が載っていた。
マーチングバンド.jpg 内容は次のようだ。
 <小牧市の小牧工業高校マーチングバンド部を題材にした中京テレビ開局五十周年記念ドラマ「翔(と)べ!工業高校マーチングバンド部~泣き虫先生が僕らに教えてくれたこと~」が四日午後三時から放送される。当初は昨年十二月の放送予定だったが、延期となっていた。
 同高マーチングバンド部は、水色の作業服に黄色のヘルメットがトレードマーク。工業高校らしい演奏が人気で、昨夏の甲子園では地元の誉高校の応援に駆け付け全国の注目を集めた。
 ドラマは同部の誕生から地域の人気者に成長するまでを描いた。(中略)市内で撮影され、エキストラに同高生徒や市民が多数参加している。>
 小牧市の小牧工業高校は、中学高校からの友だちが教諭として教鞭を取っていた学校である。私と同級生なので、今や彼も後期高齢者となっているが、彼はこのことを知っているのであろうか。
 そう言えば、2011年に私が住んでいる市の旧中央図書館で「文章つくり講座」が開講されたことがあった。教材は梅田卓夫氏が共著として発刊した『文章表現 四〇〇字からのレッスン』で、講師も梅田氏本人が務める予定であった。
 ところが、開講直前に梅田氏が体調を崩してしまい、急遽、『文章表現 四〇〇字からのレッスン』の共著者であり、同じ小牧工業高校で教鞭と取っていた服部左右一氏に変更になった。
 だが、その時の講座の内容は覚えておらず、テーマを与えられて400字の原稿を書き、文集にしてもらったが、今ではその文集も行方不明になっている。正直に言えば、印象が薄かった講座だった。
 そんなことから、小牧工業高校とは変な繋がりがある。
 深く考えもせずに、小牧工業高校マーチングバンド部を題材にしたドラマをDVD予約していた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

鈴木よしひこ
2020年04月02日 10:40
ありがとうございました。私もぜひ観たいと思いました。DVD予約しておきます。
issa
2020年04月03日 20:15
このことを書いたのは、あなたへの確認のメッセージです。
お知らせができて、本当によかったです。