東海市役所の裏庭には、鉄の彫刻が10基点在している

 今日、娘から電話が入り、下の孫娘の高校の入学祝いに制服を買ってほしいと言ってきた。
 その制服の値段は7万5千円とのことである。私たち時代のセーラー服はどこの高校も似たり寄ったりであったが、今どきの女子高校生の制服には、何かこれという特徴があるのであろうか。私には今いち、関心がないので、下の孫娘のセーラー服姿が思い浮かばない。
 私が5万円、女房が2万5千円を出すことで決着した。これで3月度のシルバー人材センターの配分金はすべて下の孫娘の制服に化けることとなった。
 私は刈谷市の県立高校に入学したが、はたして、当時の男子の制服はどのくらいしたのであろうか。母親はすでに亡くなっているので、知る由もないが、制服だけでなくカバンや帽子、靴にしても新品だったことを思えば、かなりお金が必要だったのかも知れない。
 私はのほほんと高校時代を過ごしたボンクラな生徒であったので、親の苦労など及びもつかなかった。
 下の孫娘の制服の費用を払うことになったことから、「おふくろ、ありがとう」と思わず呟いてみる。

 今日は午前10時半ごろから、雨が降り出した。
 雨の中、私は女房を誘い、隣の東海市にある大池公園に散歩に出かけることにした。
 大池公園に行くのは何年ぶりになるのであろうか。
 私は2005年の誕生日に合わせて、会社をRetireしたが、確か2006年の春から大池公園に散歩に来がてら、隣接する東海市の中央図書館で読書をするようになった。そして2008年に女房が病院を辞めてからは、一緒に大池公園に散歩に来るようになった。
 しかし2014年に自分の住んでいる市に「おおぶ文化交流の杜」が開館すると、大池公園に散歩に来ることはほとんどなくなった。
 だが、東海市の星城大学や東海市の太田川駅近くの日本福祉大学で開催された英語教室にはそれぞれ3か月間、通ったことがあった。その折にはたびたび大池公園に隣接する東海市庁舎の裏庭にあるバラ園の花壇を鑑賞しに来ていた。
 それにしても大池公園に来たのは5年ぶりである。
DSCN4708 (2).JPG 大池公園の各駐車場の入口も東海市役所の駐車場にも4、5人の交通整理員がいて、駐車場の空きスペースに誘導してくれる。今日はたまたま雨だったので、駐車場に空きスペースがあったが、おそらく晴れの日には満車状態になるものと思われる。
 どうも交通整理員は東海市のシルバー人材センターの人たちのようである。
 さすがにこれほどの雨の中では、市役所や公園にやって来たりする人は少ないようだ。
DSCN4673 (2).JPG 大池公園はかなり大きな公園で、外周コースはランニングコースになっており、道路の半分はウレタンが敷き詰められている。外周コースはそんなにアップダウンはないが、1.9キロもあるので後期高齢者の私には傘を持っての散歩はきついと思ったが、そうでもなかった。
 1ヶ月に12、3日はアルバイトをしている公園を歩き回っているおかげであろうか。
 東海市役所の裏庭には、東海市が「鉄とランの市」と言われるだけあって、鉄の彫刻が10基点在している。
 私たちは外周コースを外れて、市が一望できる見晴らし台に上がり、農業センターの会館沿いの道を歩き、一般道路に出て5、6年前にはよく利用した中央図書館を目指した。
 ところが、農業センターも中央図書館の新型コロナウィルスのために閉館になっていた。
 ただ、東海市役所の食堂はやっていた。丁度タイミングが合ったので、私たちはそこで昼食を摂った。
 女房はA定食、私はとろろ麦定食であった。共に550円であった。
 いずれにしても東海市の食堂は量とともに品ぞろえも多く、お値打ちだと評判で、以前に大池公園に散歩に来るときには、散歩の時間は昼食時に合わせていたほどであった。
 食堂の雰囲気は5年前と変わっていなかった。ただ、食堂の奥にあるカフェは開いていなかった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント