知多半島の季節の花々が楽しめる「観光農園花ひろば」に行ってきた

 このところ、市の公園のアルバイトがない日には、朝食が終わると自分の住んでいる市のホームページを開いて、新型コロナウィルスの新しい情報を確認している。
 それが終わると愛知県の大村知事と名古屋の河村市長のTwitterを読んで、やはり、新型コロナに関する情報がUPされていないかを確認する。
 私の住んでいる市では、3月16日から市長選が行われる予定であったが、締め切りの15日までに対立候補者が出なかったため、現市長が再選された。
 だが、再選された市長は66歳でまだ携帯電話はガラ系であり、これまでSNSもFACEBOOKもやった経験がないということだった。ところが市長選前に急遽、FACEBOOKが開設されて、市長選に関する記事と同時に動画・静止画もUPされるようになった。
 選挙後のインタビューで、再選された市長はインタビューでFACEBOOKの管理はスタッフに任せっきりだと答えていた。
 そのせいであろうか、市の新型コロナウィルスに関する情報は3月9日に新型コロナウイルス感染症対策本部を開催したという事のほかには載っておらず、3月16日の選挙選の様子がメディアに取り上げられていたという記事のあとは、FACEBOOKは更新されていない。
 やはり、せっかくFACEBOOKを立ち上げたのなら、新型コロナウイルス感染症対策本部の内容を逐一、自らの手で記事を書いてUPしないと、市長としての迫力が削がれてしまうのは否定できない。
 このままだとFACEBOOKの立ち上げは選挙運動のためだと思われても致し方ない気がする。
 いずれにしても、市のホームページやネットを検索しても、市民が新型コロナウィルス感染したという事実は載っていない。何だか、ほっとした気持になる。
 それは、私自身が煙草の煙などの有害物質が原因で、肺が炎症を起こし、呼吸がしにくくなる、いわゆるPOCDに罹っているせいかも知れない。
 
DSCN4493 (2).JPG 昨日は家にじっとしていても退屈なので、知多半島の季節の花々が楽しめる「観光農園花ひろば」に行こうと女房を誘った。3月1日から受け入れが始まっているとネットに載っていたからだ。
 「花ひろば」は知多半島道路の豊岡インターを降りて、車で7、8分のところにある。今の時期は菜の花、キンセンカ、水仙が咲いている。
DSCN4521 (3).JPG 「観光農園花ひろば」は現在、いちご狩りもできることもあって、95台収容の駐車場は8割ほどの車で埋められていた。
 また仮設テントから屋根付きの店舗施設に様変わりしていて、現地の農産物を販売するスペースとコーヒーやソフトクリームなどスウィーツを販売するコーナーも設けられていた。
 私が入場料を支払っているとき、20代の女性10人ほどの団体が押し寄せてきた。どうもいちご狩りに来た団体のようである。ひとり一人入園料を支払っているので、時間がかかっている。2人しかいない店員はあちこちの売り場からも声がかかり、ただただ右往左往している。
 私たちは運よく、その女性団体の前に入場料を支払っていた。
 いちごは農産物を販売するスペースにパックで売られているので、いちご狩りはせずに「花ひろば」の菜の花、キンセンカ、水仙の花を観に行くことにした。
 なお、いちご狩りは1600円で、「花ひろば」は700円の料金である。
 ただ、「花ひろば」の敷地内の花を1人10本(ひまわりは5本)まで摘み取れるサービスがあり、帰りには1人につきキャベツ1玉とブロッコリー1株が持ち帰れるサービスが付いている。
 料金の支払いと同時に、花切り用のハサミを渡される。
 最初に見かけたのが写真撮影用の顔出し看板パネルやオブジェであった。おそらくカップルや家族連れが記念に写真を撮るためのものと思われる。
DSCN4506 (2).JPG 真っ先に菜の花畑を目掛けていく。
 すでに10数組の人たちがハサミ片手に食料用の菜の花を摘んでいる。私たちのような高齢者は一組も見かけない。「花ひろば」の敷地は広く、坂道もあるので高齢者にはきついかも知れない。
 次にキンセンカと水仙の花畑を巡る。ここも若い女性たちとカップルばかりで、高齢者と言えば、女性の軍団だけだが、それとて60歳半ばの人たちのようである。
DSCN4534 (2).JPG 女房は1人10本までというので、菜の花を10本、キンセンカと水仙それぞれ5本を摘み取り、そして帰りには、熟し過ぎたジャム用のいちごパックを購入していた。
 帰りに「つくだに街道」に寄ったが、今はもう客はまばらであり、武豊インター近くのパーキングエリアの売店とカフェ&レストランも閉鎖されていた。
 これも師崎・伊良湖フェリーが2014年井廃止されたことや、中部エリアの空の玄関口である中部国際空港には2018年10月にオープンした「フライトオブドリームズ」などのアミューズメント施設がオープンして人気スポットとなっていることが影響しているかもしれない。
 私は「花ひろば」の帰り、知多半島道路を走りながら、そんなことを考えていた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント