最近の合成語には、ITに関連する言葉が多いような気がしている

 今日、シルバー人材センターの理事会があった。
 会場は、市の男女共同参画の拠点施設として事業を行っている会館で、大小の会議室や和室、料理室、視聴覚室、食事室、相談室などを備えている。また、その会館では男女共同参画関連の本やその他書籍の貸し出しも行っている。
 そのほかにも定期的に講座や福祉・健康フェアなどのイベントも開催されている。
 つまり、この会館は市の公共施設なので、公的には3月31日まで休館のはずだが、私が理事をしている大府市シルバー人材センターはこの施設を拠点を置き、活動を行っていることもあり、特別に2階の大会議室の利用を認めてもらったようである。
 理事会は毎月第3火曜日の午後1時半から開かれることになっている。
 冒頭、シルバー人材センターの事務局長から、今回の新型コロナウィルスの関係で、民間会社の清掃仕事や派遣事業先の会社から人員削減の要望が数件もあり、今後も契約金額が縮小される傾向にあるとの報告があった。
 また働き方改革法関連法案の【年間有給休暇5日間取得】や【同一労働同一賃金】が、令和2年の4月からシルバー人材センターの派遣事業にも適用されることとなり、取引会社から契約解除の申し出などの影響が出てきている。
 令和2年度の事業計画も、その派遣事業の契約金額の減少を折り込んで立てなければならないが、今の段階では赤字となる見通しとなっている。
 令和2年の事業計画の赤字を脱却するには、当然、人件費の見直しや費用対効果少ない事業の見直しを図らなければならないと事務局長は強調する。
 それも新型コロナウィルスの終息が見通せなければ、さらなる苦境に追い込まれることになる。
 理事会は終始、そんな重苦しい雰囲気の中で行われた。

 理事会の会長から、最後に何か言っておきたいことはないかと問われたので、私は「せっかく市の産業振興部の部長と課長が理事として出席されているので、市内の新型コロナウィルスの状況についてお訊きしたい」と手を挙げた。
 私は産業振興部の部長と課長の了解を得たので、「私の働いている職場で、市内のある大企業の社員からコロナ感染者が出たと噂が広がっているが、本当のところはどうなんでしょうか?」と訊いてみた。
 すると産業振興部の部長から「国道23号線のインター近くのガソリンスタンドの従業員に感染者が出たと聞いているが、その方は名古屋市民で、市民の感染者は今のところゼロです」という答えが返ってきた。
 現在、市ではコロナウィルスの対策会議を週に2回やって、その都度、対応策を考えている。だが、実際は新しい提案はなく、これまでの対応策が延長になっているのが現状である。
 もし市民に感染者が出たら、市のホームページで市民には隠さず、情報公開することになっている。その点は信用してくださいと、産業振興部の部長は強調する。
 私が働いている職場には噂をまき散らす人がいて、噂が噂を呼び、まるでインフォデミック状態になる可能性もあるので、こまめに情報公開は続けてくださいと、私は改めてお願いした。

 ところが、私の【インフォデミック状態】の意味が通じなかったのか、理事会は一瞬、沈黙状態となった。私がデマ情報に振り回されても困るのでと言い換えると、理事会の緊張が解けだした。
 「インフォデミック」とは、インフォメーション(情報)」と「エピデミック(流行)」を組み合わせた言葉で、不確かな情報が大量に広がり、問題の解決を遅らせるような状況のことである。確か、新聞にも載っていた。
 余談だが、私が大学2年生のころ、時事英語の授業で、講師から【stagflation】について聞いたことがあった。
 それまで、インフレは物価上昇が引き金で起きるのが常識であったが、「stagnation(停滞)」でもインフレが起きる状況が1965年ごろに起きた。その現状を「stagnation(停滞)」と「inflation(インフレーション)」の合成語で、【stagflation(スタグフレーション)】と呼んでいた。
 確か、期末テストにもスタグフレーションについて説明せよという問題が出された覚えがある。
 また、最近ではBritain(英国)とExit(退出する)を組み合わせた【Brexit(EU離脱)】という単語が生まれたし、ギリシャでは財政難などによりEU離脱が取り沙汰されるようになったときには、Greece(ギリシャ)とExit(退出する)から「グレグジット(Grexit)」との造語がつくられた。
 またまた余分なことだが、最近の合成語には、ITに関連する言葉が多いような気がしている。IT関連の言葉に弱い私の思い込みなのであろうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント