ビートたけしさんが語る『芸人論』や『教育論』は、新鮮で面白かった

 このところ、ノートパソコンが起動後に画面が真っ暗になり、うまく立ち上がらない。  そこで、電源を切って立ち上がらせてはいるのだが、なかなかパソコンの電源が切れない。  せっかちな私は数回にわたって同じ操作をして、状況を眺めていると数分後にパソコンの起動音が小さく聞こえると、初期画面が登場する。  ネットで検索してみると、Wind…
コメント:0

続きを読むread more

古書コーナーで初版で、署名入りの2冊に本を購入した

 昨日は先祖代々の墓のある菩提寺に女房と一緒に行ってきた。  お墓参りと墓石の掃除のためで、菩提寺は車で10分ほどのところにある。  この寺はそれほど広くはないが、檀家が700軒もあるということで、いつもお墓参りの人たちがいて、墓には線香が絶えない。  それなのに寺の駐車場は10台の車を停めるのが精いっぱいである。  私たちが午…
コメント:0

続きを読むread more

「あいみつ」は「相見積り」と分かったが、「けいつね」がよく分からなかった

 12月28日付の中日新聞の朝刊コラム「中日春秋」に次のような文が載っていた。  <花の暦にも似て、花札は一年のそれぞれの月を、十二の花木で表している。一月の松に始まり、梅、桜と続き、最後の今月は桐(きり)である。花は五月頃で、冬には葉を落とす桐が十二月である理由は乏しい。「ピンからキリまで」のキリにしゃれたのだと、国語学者の金田一春…
コメント:0

続きを読むread more

いつ何時、このブログの書き込みができなくなるかも知れない

 10月の定期検診で循環器内科の担当医から、「アルコールは飲まないと聞いているのに、急にγ-GTPの値が100を超えるようになったが、その心当たりはあるか」と訊ねられた。  担当医から、自分が処方する薬のほかに、最近になって新しい薬を飲んでいないかと訊ねられる。呼吸器の先生の指示で、9月から新しい薬を飲むようになったが、お薬手帳を持っ…
コメント:0

続きを読むread more

思わず知らず「次は自分かも」と心の中で呟いていた

 我が家の軽自動車は女房の専用になっている。  その軽自動車の車検の時期が来たので、女房と自動車販売店の係員との打ち合わせにより、整備工場に持ち込むのは12月25日の午前中と決められていた。  そこで25日に女房が軽自動車を運転し、私が大衆車に乗って、整備工場に出かけて行った。  案内されたテーブルで、係員から提出された車検の概算…
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりに熱田神社の「ご・とう(5・10)」の市に出かけていった

 私の家から車で5分ほどのところに、熱田神社と呼ばれる神社がある。  その熱田神社の境内では、毎月5と0のつく日に開かれる朝市があり、通称「ご・とう」の市と呼ばれている。その「ご・とう」の市は私の20代の頃から開かれている、言わば、伝統ある朝市である。  年々、テント張りの店は減少し、規模は縮小されてはきたが、未だに継続されている。…
コメント:0

続きを読むread more

手紙の最後には「いつまでも忘れないから」と書かれてあった

 私はNHKの「明石家紅白」という番組を偶然に観てから、好きになりってしまい、その後はDVD録画をして、飽きもせずに再生して繰り返し観ている。  NHKのインフォメーションには、【国民的お笑いスター・明石家さんまが「今会いたいアーティスト」を紹介し、自分なりの「紅白」を届ける「明石家紅白!」。アーティストの本音が次々と飛び出し、即興コ…
コメント:0

続きを読むread more

私は根っからの貧乏性なので、1杯100円のコーヒーが身の丈に合っている

 私は現在、シルバー人材センターの理事をやっている。  そのシルバー人材センターは独自事業として市の施設を無償で借り受け、若干の改築したあと、その場所で幸齢夢ハウス「喫茶さくら」を経営している。  そこで働いているのは、シルバー人材センターの女性会員で、なかなか売り上げが伸びず、苦労していることが12月の理事会で報告された。時給計算…
コメント:0

続きを読むread more

私にとって、かつて香港は気分転換には最適な都市であった

 昨日、ネットのニュースを読んでいたら、【英誌エコノミストがまとめた世界60都市の安全度ランキングで、東京が1位、大阪が3位に選ばれた】という記事に出会った。  内容は次のようだ。  <2019年版のランキングでは、観光客が訪れる主要60都市のデジタル、衛生、インフラ、治安について100点満点で評価した。  首位の東京は92点を獲…
コメント:0

続きを読むread more

それって、リピーターが身に付けた寒さしのぎの知恵なのかも知れない

 12月初旬の中日新聞の地方版に【SDGs推進へ宣言 鯖江でシンポ】という見出しで、次のような記事が載っていた。  <国連が採択した持続可能な開発目標(SDGs)を推進する鯖江市は七日、「さばえSDGs推進シンポジウム」を市嚮陽(きょうよう)会館で開いた。三十五の企業・団体が持続可能なまちづくりに向けて行動すると宣言した。>  最近…
コメント:0

続きを読むread more

私の住んでいる市の風土には、まだ強い地元意識が残っている

 シルバー人材センターの12月17日の理事会で、事務局から10月に正社員に採用した女子職員から退職願が出たという報告があった。  私が会員になっているシルバー人材センターの事務局は、市から出向した事務局長と正社員3人、そして嘱託社員4人と臨時職員5人で構成されている。  事務局長と正社員は65歳が定年で、嘱託社員は原則65歳が定年だ…
コメント:0

続きを読むread more

改めてYouTubeで「浅草キッド」を聴いて、彼のことを思い出していた

 私はつい先だって、ビートたけしさんの『芸人と影』という新書版を購入し、読み終えたばかりである。  また同じビートたけしさんの『「さみしさ」の研究』が10万部を超えたというので、改めて近くの新刊書店に買いに行き、現在、120ページほど読み終わったところである。  さらに「さみしさ」の研究』を読み終えたら、ずいぶん前に買っておいた『ヒ…
コメント:0

続きを読むread more

私はカード時代には付いていけない時代遅れの人間のようである

 中日新聞の12月17日付の朝刊コラム「中日春秋」に次のような文章が載っていた。  <住宅地の庭や生け垣の山茶花(さざんか)の穏やかな赤色が目を喜ばせる季節である。  花言葉は「ひたむきさ」だそうだ。<きたかぜぴいぷう>の冬の寒気にも負けることなく、花を咲かせるところと関係があるのかもしれぬ。  同じツバキ科の椿(つばき)と色、形…
コメント:0

続きを読むread more

これから先は余分な人生、自分らしく生きりゃいい

 私が会員となっている大府シルバー人材センターは地域を10ブロックに分け、それぞれにブロック長をおいている。  そのブロック長は自動的にシルバー人材センターの理事となり、毎月第3火曜日に開催される理事会に出席して、その運営に関わっている。  私が長をしているブロックの会員数は92名で、7つの班に分かれている。それぞれの班には班長がい…
コメント:0

続きを読むread more

新しい運転免許証を見ながら、私は長い今日一日を振り返っていた

 12月16日は運転免許更新のために高齢者講習を刈谷市の自動車学校に受講に行ってきた。  令和元年の6月23日に突然、「認知機能検査通知書」という書類が私の元に届いた。  3年前に刈谷自動車学校で70歳の高齢者講習を受講した際に、次回の更新時には法令が替わり、75歳になると運転免許更新の手続き前に「認知機能検査」を受けなければならな…
コメント:0

続きを読むread more

自分が一人暮らしを強いられたら、どんな生活をするのであろうか

 女房は12月14日の土曜日は、昔の看護師仲間の忘年会とかで、午前10時半ごろに待ち合わせ場所である刈谷市体育館の駐車場へ出かけて行った。  また12月15日の日曜日はシルバーの手芸教室の生徒たちとの忘年会があるとかで、同じように午前10時半ごろに出かけて行った。  私はバーベキューシーズンがオフになったので、13日から17日までバ…
コメント:0

続きを読むread more

一昨日の12月13日、年末特別警戒パトロールが実施された

 今年も11月中旬に市の安心安全推進協会の会長である市長から、「年末特別警戒パトロール実施について」という案内状が届いた。  私の住んでいる大府市では恒例となっている「年末の安全なまちづくり県民運動(12月1日から20日)」に合わせ、年の瀬の交通安全と防犯のための特別警戒パトロールが実施される。  私たちコミュニティ推進協議会の役員…
コメント:0

続きを読むread more

12月12日にコミュニティ広報誌の最終編集会議があった

 12月12日の木曜日にコミュニティ推進協議会の広報誌の最終編集会議があった。  今回の広報誌が記念すべき100号となるので、特集号らしい誌面作りをしてほしいとコミュニティ推進協議会の新会長からの要望が幾つか出ていた。  その一つに、これまで広報誌はA3サイズの見開き4ページであったが、特集号ということで、今回は8ページにしてほしい…
コメント:0

続きを読むread more

今年の漢字の上位に「令」「新」「和」が選ばれた

 昨日のバーベキュー場のアルバイトは午後1時から5時半までであった。  予約客は1組もなく、風も強かった。バーベキュー場の周辺にはクヌギなど落葉樹が多く、昨日のような風が強い日には枯葉だけでなく、どんぐりも落ちてくる。  ウィークデイの晴れた日には、そのどんぐりを拾いに来る60代の男性がいる。私と顔を合わせると親切にも「自分は九州出…
コメント:0

続きを読むread more

私は役定となった彼に対して、同病相憐れむような気持になっていた

 今日、年の暮れが押し迫る中、喪中欠礼の葉書きが届いた。  11月初旬から届いた喪中葉書きは、これで5通目となる。知り合い本人でないことが分かり、ほっとする。なお、5通のうち3通はコミュニティ推進協議会の役員からで、やはり本人ではなく、亡くなったのは親兄弟で、いずれも80代後半から90代の年齢であった。  5通目の喪中はがきの差出人…
コメント:0

続きを読むread more

今の私には【Key Dates】の正確な意味について、尋ねる人がいない

 私は日に1度、ネットで私が住んでいる大府市の「シティセールスサイト」の「おおぶスタイル」というページにアクセスしている。  そこには市のFACEBOOKやインスタグラムの他に大府市全体の最新情報が載せられている「大府市Obu City」というページがあり、私はそこからさまざまな情報を得ている。  「おおぶスタイル」には「スマイルお…
コメント:0

続きを読むread more

来年の1月20日の検査で、γ-GTPがどのような数値になるかが気になり始めた

 昨日は公園のバーベキュー場で働くバーベキュー班の忘年会であった。  場所は、JR駅の近くの割烹・小料理店「なには・粋料理」というところで、時間は12時から午後2時までで、参加者は12名であった。  なお「なには・粋料理」の「食べログ」での採点は星3.06である。  どうもネットで検索してみると、3.5未満の店は、食べログユーザー…
コメント:0

続きを読むread more

私は市庁舎から、最近LEDに交換された街路灯の下を駆け足で家路に着いた

 私は愛知県の知多半島の付け根に位置する大府市に住んでいる。  人口は11月末現在92,788人で、若干ながら年々増えている。  東洋経済『都市データパック』編集部が発表している2018年の「住みよさランキング」で6位になった。名古屋に12、13分で行ける「利便性」と治安の良さの「安心度」が評価されたようである。なお2019年度は算…
コメント:0

続きを読むread more

たぶんだが、今日が今年最後の競馬観戦となる

 私は4年前から、市の公園のバーベキュー場でアルバイトをやっている。  年々、市の公園のバーベキュー場が知られるようになり、3月下旬からバーベキューシーズンに入ると予約客が多くなり、必然的に土日曜日の勤務が多くなる。  私はコミュニティ推進協議会の役員もやっているので、コミュニティ主催のイベントや行事が土日曜日に開催されると、当然、…
コメント:0

続きを読むread more

私は2人の孫娘がスマホのゲーム依存症にならないかと心配している

 今日の市の公園のバーベキュー場のアルバイトは午後1時から5時半までであった。  今日の最高気温は8℃ということなので、作業着の中にセーターを着込んで出かけていった。  公園の駐車場に着いた頃には風も吹き出したので、体感温度は5~6℃を下回っているのではないかと思えるほど寒かった。  今日のバーベキュー場の予約は2組だったが、おそ…
コメント:0

続きを読むread more

サラリーマン時代に取引していた会社から、今年もお歳暮が届けられた

 昨日、午後9時半に娘から私のケイタイに電話があったようだ。  女房にも同じ時間帯に娘から電話があったが、すでに床に入っていて、気付かなかったようである。女房は週に4日、午前4時から7時までアルバイトをやるようになってから、早く寝る癖が身に付いてしまった。  逆に私は午前8時半からと午後1時からの勤務がほとんどなので、午前1時ごろに…
コメント:0

続きを読むread more

性懲りもなく、私が書く広報誌の記事はだらだらと長い

 昨日は特別養護老人ホーム「愛厚ホーム大府苑」に大府コミュニティ推進協議会の広報部会の副部長として、慰問訪問と取材を兼ねて行ってきた。  文化福祉部会の部会員は衣装や飾り付け、入所者に手渡す手作りのプレゼントのほか、マイクやアンプなども運び込まなければならないので、地元の公民館に12時半に集まることになっている。  だが、私は写真撮…
コメント:0

続きを読むread more

公園はもうじき深い眠りに入り、春先まで静寂に包まれる

 私がアルバイトをしている市の公園は冬の主役は常緑樹で、今の季節、園内に花を見つけることはむつかしい。花と言えば、四季ザクラと皇帝ダリアぐらいのものである。  だが、正面入り口の階段の両サイドには、常に季節の花が植えられている。  私は年に何回、花の植え替えが行われるのか、詳しく知らないが、春先にゼラニウムに始まり、初夏から秋にかけ…
コメント:0

続きを読むread more

もうそれ以上のことを訊くのは野暮というものだ

 今日は、大府自治区主催の高齢者対象の交通安全運転講習が地域の公民館で開かれた。時間は午前10時から12時までであった。  講師はMS&ADインターリスク総研の人で、高齢者を相手にしたこうした講習は、ずいぶん場慣れているようであった。  まず、MS&ADインターリスク総研の会社概要から、講義が始まった。  MS&ADインターリスク…
コメント:0

続きを読むread more

私はJRAに関する本はターフィーショップで買うことが多い

 平松さとし氏の『泣ける競馬』を読み終えた。  この本は中京競馬場2階のターフィーショップで購入したものである。私はJRAに関する本はこのターフィーショップで買うことが多い。  現在の私の趣味と言えば、読書と競馬である。私は市の公園のバーベキュー場でアルバイトをしているが、バーベキューのシーズンに入ると、土日曜日はほとんど出勤で、加…
コメント:0

続きを読むread more

大府ブロックの総会の開催が、来年2月6日に決定した

 私はシルバー人材センターの大府ブロック長を仰せつかっている。  大府ブロックの地域は旧市街地で、会員数は92名である。私はシルバーの事務局から、来年の1月22日から2月7日までのウィークデイで、ブロックの総会を開催するようにと要請されている。  私は毎年、総会の会場として地元公民館の大会議室(収容人数235名)を借りることにしてい…
コメント:0

続きを読むread more