大府ブロックの総会の開催が、来年2月6日に決定した

 私はシルバー人材センターの大府ブロック長を仰せつかっている。
 大府ブロックの地域は旧市街地で、会員数は92名である。私はシルバーの事務局から、来年の1月22日から2月7日までのウィークデイで、ブロックの総会を開催するようにと要請されている。
 私は毎年、総会の会場として地元公民館の大会議室(収容人数235名)を借りることにしている。
 公民館施設の借用の予約は2ヶ月前である。私は11月4日に大会議室の予約をしに出掛けていった。一昨年と去年は11月1日に予約に行ったが、11月3日にコミュニティ運動会があり、その準備に忙しくて、今年は1日ではなく4日に予約に出かけて行った。
 だが、すでに来年の1月は大会議室のウィークデイの予約はすべて埋まっていた。
 がっくりしてしまった。
 2月の予約は12月にならないと予約はできないのだが、キャンセルが出ているかも知れないと改めて11月8日に再び公民館に行ってみた。やはり、大会議室の予約のキャンセルは出ていなかった。
 そのとき、公民館の女性館長が私のがっかりした様子を見て、「しっかりした団体であれば、2月の仮予約ができますよ」と言ってくれる。私がシルバー人材センターの大府ブロックの者ですと言うと「それなら2月の仮要約ができますよ」と言い、予約台帳を広げて、他の団体の仮予約が入っていないのは2月4日と6日だと教えてくれた。
 私は驚いてしまった。
 すでに「しっかりした団体」による仮予約が入っており、2月7日までのウィークデイで、大会議室が利用できるのは2日間だけであった。
 正式に公民館利用許可書は12月に入らなければ、発行できないので、もう1度、12月1日に改めて許可申請をしてくださいと告げられる。
 私はほっとした。ブロック総会の会場が抑えなければ、11月1日に公民館利用許可申請を出さなかった書私の怠惰が責められることになる。
 私は12月1日が来るのが待ちどうしかった。

 公民館の開館時間が午前9時である。私は午前9時15分前に公民館に着き、受付窓口に行ってみた。
 来館目的を女性職員に告げると、16と書かれたプラスチックの楕円形のプレートを渡される。午前9時15分前というのにすでに私の前に15人も公民館施設の利用許可申請をする人たちがいることになる。
 午前9時丁度に受付が始まった。若い番号の申請者のほとんどは公民館使用料を支払っているので、なかなか順番が回ってこない。
 大府公民館の部屋、設備などの使用料が貼りだされている。
 それによれば、大会議室は午前9時00分~13時00分までが910円、午後13時00分~17時00分までが同じく910円、夜間17時00分~22時00分が1160円1日9時00分~22時00分が2980円となっており、設備ではアンプが580円、マイクロフォン1本が120円となっている。
 細かい金額で利用料が設定されているので、なかなか私の順番が回ってこない。10番目ぐらいから利用料が無料の団体ばかりとなり、次々に公民館利用許可書が渡されるようになった。
 シルバー人材センターの大府ブロックの会員はすべて大府市民なので、私が希望した大会議室とアンプ、マイクロフォンなどの設備の利用料は無料である。
 コミュニティの広報誌の編集会議は視聴覚室で行うことが多いが、編集会議のメンバーもすべて大府市民であるので、その利用料も無料である。

 発行された公民館利用許可書の下には、常識的な8項目の公民館利用心得が書かれている。そしてその中には、次のような2つの利用制限も記載されている。
 ・利用者総数の半数以上が、大府市内在住・在勤・在学者でないとき。
 ・営利、宗教、政治活動につては、利用制限がある。
 ただ、ネットで公民館の利用料が無料になるのは、どういう団体なのか、気になって検索してみたが、どこにも記載されていない。
 いずれにしても、シルバー人材センターから要請のあった1月22日から2月7日までのウィークデイで大会議室が利用できることになったことは、本当に幸いだった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント