「とうげいにいってくるね!」というひらがなを見ながら、私は40年も前のことを思い出していた

 私が会員になっているシルバー人材センターでは、12人の理事12人がいるが、女性は1人だけである。
 最近、女性会員の入会者が少ないので、去年、その女性理事を委員長とする女性部会が発足した。
 まず去年は、女性部会が主催する「女子会ランチ」を実施することになり、私がアルバイトをしている公園のバーベキュー場で「女子会ランチ」が開催された。
 シルバー人材センターで働く女子事務員3名とシルバーが独自事業としてセンター内で営業している「喫茶さくら」の女性会員6名のほか、一般会員20人の参加があり、29人で「女子会ランチ」が開かれた。シルバー事務局の人以外は高齢者ばかりであった。
 しかも去年は「女子会ランチ」が始まる午前11時頃から雨が降り出して、雨除けのためにタープテントを組み立てて、かなりひどい降りとなったが、誰一人帰ることなく、予定の午後3時まで、バーベキューを楽しんでいった。
 バーベキュー終了後の後片付けは利用者がやることになっている。
 だが、雨降りの中の後片付けは、女性で高齢者ばかりという状況下であり、しかもその要領が分からないことに加えて、力仕事も多いので、結局は私たちバーベキュー班の男性メンバーがほとんど後片付けをやることになってしまった。
 去年、「女子会ランチ」のバーベキューをやったことは成功であった。主催者はそのことに自信を持ち、今年も同じ場所で「女子会ランチ」が開催された。
 前日の夜にはかなり雨が降った。当日、曇天ながら雨が降らなかったにもかかわらず、参加者は去年より減って、合計で19人であった。
 急に寒くなってきたせいだろうか。
 定員10名の卓付きテーブルが3サイト予約してあったが、2サイトで充分なので、1サイトはキャンセルすることとなった。
 私は午前8時半から午後1時までの勤務であったので、まずサイトの掃除を終えてから、リアカーで幹事6人が持ってきた食材をサイトに運び入れた。午前10時ごろから、炉の中に着火剤と木炭を入れたのち、バーナーでひたすら火おこしに専念した。
 三々五々、「女子会ランチ」に参加する女性たちが集まってきた。
 あとはサイトを仕切る人たちにお任せして、あえて手を出すことはしなかった。

 午後1時に家に帰ると居間のテーブルの上に、ひらがなで「とうげいにいってくるね!」と書かれたメッセージが置かれてあった。夕飯は自分で調達してねというメッセージなのであろうか。
 女房は最近、こうしたメッセージを置いて、出掛けることが多くなった。
 そう言えば、私の現役サラリーマンの頃、私たちは共働きで、しかも女房は隣の市の総合病院で看護師をやっており、3交代勤務だったので、10年間はすれ違い夫婦であった。
 女房が日勤、準夜、夜勤を繰り返していたとき、私たちは居間のテーブルにメッセージを置いて、出掛けていったものである。
 特に35歳で、営業担当を任命されてからは、名古屋に出かける機会が多くなり、2日も3日も顔を合わせないこともあった。
 風呂場に置いてある洗濯機の前にワイシャツを放り投げておくと「真っ赤な口紅が付いているわよ」と声をかけられて、愕然としたことがあった。確かに白粉は付いている可能性はあるが、さすがに口紅がつくようなことをした覚えはない。
 それは、女房から放たれた牽制球で、私を試しているのである。
 女房にすれば、私は分かりやすいタイプのようで、次の日には「また引っ掛かったね。疲れているようだから、今日は、早く帰ってきてね」というメッセージが居間のテーブルに置かれていることが多かった。
 今日、「とうげいにいってくるね!」というメッセージを見ながら、私は40年も前のことを思い出していた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント