きっと女房に「お父さんの世間知らずは死ぬまで治らないね」と揶揄されるに違いない。

 今日のバーベキュー場の勤務は、午後1時から5時半までであった。
 14日から17日まで女房は家を留守にしている。だが、朝食は買い置きしてあるヨーグルトとバナナなので、そんなに手間はかからない。午前7時ごろに早目の朝食を済ませ、私はある作業に集中した。
 デジタルカメラの画像処理である。
第46回コミュニティ運動会-17 (2).JPG 広報部会の広報誌づくりに熱心な女性部会員が撮影したコミュニティ運動会の写真を事務局長が作るアルバムの中にほんの数枚でもいいから、入れてもらいたいと思い、13日の編集会議の折にSDカードを持ってきてもらい、受け取っていた。
 私はまずSDカードの73枚のデータをピクチャに取り込み、画像の編集を始めた。
 運動会当日は曇り空だったために、すべての画像が暗かったので、まずは全部の画像をフィルターに通してから、明解度と明るさ調整をしてみた。
 私のパソコンはWindows10である。Windows7よりも画像の編集ソフトの精度は格段に上がっている。画像の画素にもよるが、逆光であろうが、少々ピンボケになっているようが調整することができる。フィルターを通すと、逆光が見事に解消される。
 また女性部会員のデジタルカメラは新しく、画像のサイズは8.9Mなので、かなり小さな部位に限定してトリミングしても画素は粗くならない。
 私は73枚のうち、20枚ほどを自分の感性でトリミングを試みた。被写体が俄かに躍動感を帯びてくる。
 あとはこの中から何枚か、事務局長がコミュニティのアルバムに取り込んでくれるのを期待するだけである。
 早速、女性部会員に勝手に画像処理をしたことを詫びて、当該画像をすべてメールで送信した。

 女房がいないということは、これほど不便を感じるものとは思わなかった。
 朝食はヨーグルトとバナナで済ませ、昼食はおにぎり若しくはサンドイッチ、夕食は近くのスーパーに行き、値引きのシールの貼ってある弁当を買ってくる。
 これまでにも女房が2、3日、家を留守にすることはあった。そのときには、車で10分のところにあるココ壱番屋に行ったり、歩いて5分ほどのところにある山喜屋という麺類の店に行ったり、これも歩いて10分の中華料理店に行ったりしていた。
 ついつい贅沢心が湧き、余分なものを注文しては、食事1回につき、少なくても1500円は支払っていた。
 今はコンビニにおにぎりを買いに行ったり、スーパーに弁当を買いに行ったりして、1食で600円から700円で済むようにしている。
 確かにスーパーに車で買い物に行くと、どうしても夕食は何がいいかなと店内を歩くこともあり、意外に時間がかかる。だが、今はそれも生きるためには必要な時間だと自分の気持を説き伏せる。
 こんなことを言うと、いかにも世間知らずと思われそうだが、昨日の昼食におにぎり4個を買ってしまった。
 昼食のときにフルーツも買って口に入れたので、おにぎりは2個で充分であった。取っておいて、その2個のおにぎりを今日の昼食のときに食べた。そのほかには女房の知り合いがくれた大きな干し柿を1つ食べた。充分であった。
 おにぎりというのは、かなりの量のお米で握られており、昼食には柿とかリンゴとかを食べるので、おにぎりはやはり2個がよさそうである。
 私は女房が作ってくれる食事は、何も考えずに気ままに食べている。
 自分の腹具合で、絶えず残しており、日ごろ、どれだけの量を食べているのか、さっぱり分からなかった。そのせいからであろうか、昼食におにぎりを4つも買ってしまった。
 しかも、三角のおにぎりではなく、サランラップで丸く包装されている量が多いと思われるおにぎりの方を買ってしまった。
 女房は17日の夜に帰ってくるが、たぶん、そのことを話すと「きっと、お父さんの世間知らずは死ぬまで治らないね」と揶揄されるに違いない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント