今日の血液検査で、【γ-GT】の値が106にもなっていた

 11月14日の今日は国立長寿医療研究センターの循環器内科の定期検診の日であった。
 女房も一緒であった。
 女房は今日の夕方から、墓参りのために兄弟姉妹5人と生まれ故郷の島根県に行くことになっている。帰りは17日の夜中になる予定なので、私の方から何も言わなくても付き添ってくれる気になっているようだ。
 それと前回の血液検査で、γ-GT(ガンマ・グルタミルトランスフェラーゼ)の値が上限を超えたのも気になっていたらしい。
 午後1時からの診察ではあったが、私たちは午前11時に国立長寿医療研究センターに到着できるように家を出た。
 少し早めに行って、診察前に尿検査と血液検査を受けるためであった。
 その2つの検査の結果には技師のコメントが添えられ、担当医のパソコンに送信されるのに40~50分ほどの時間がかかることを知っているからである。
 曜日によっては、尿と血液検査が15分ほどかかるときがある。そのあと7階のレストランで食事をゆっくり目に済ませると、12時半近くになる。診察の日ぐらいは、ゆったりして気持を維持したいと、少し早めに家を出ることにしている。
 以外にも、今日は診察外来の人は少なかった。ひょっとすると担当医がそういう日を選んで、私の診察日を決めてくれているのかも知れない。
 
 私はこのところ体調を崩していて、膝関節もうずいているので、尿と血液検査の結果はよくない数値が増えているかも知れないと予想していた。
 健康のためではないが、日に5杯は飲んでいたコーヒーもコーヒーカップ1杯になったし、バーベキュー場のアルバイトの休憩時に食べていたチョコレートや茶菓子も食べなくなった。せっかくバーベキュー場の女性メンバーが用意してくれた茶菓子は多少の気を遣いながら、家に持ち帰り、女房に渡している。
 飲み物と言えば、専らお茶で、バーベキュー場のアルバイトのときには、体脂肪減に効くお茶とかのラベルの付いたペットボトルを持って行く。
 女房の作る料理の味も薄味になった。
 だが、女房は私の分と自分の分を別けて作り、女房の分は少し味を濃くしているようだ。当然、カレーとか、そば・ラーメン・うどんなどの料理は共通の味付けである。
 ときたま娘が帰ってきて、昼食を一緒に食べたりすると、「何これ、味が薄い」とぼやいたりする。
 そして最近の私は肉をほとんど食べない。専ら魚と野菜の料理である。

 今日の循環器内科の診察は午後1時15分からであった。
 診察室に、すでに「尿と血液の検査詳細情報」という用紙がプリントアウトされていた。
 担当医は開口一番、「お酒、飲んだ?」と詰問してくる。
 γ-GTの値が106になっている。他の患者さんには、100を超えると危険領域になったと警告しているが、このところ、あなたの検査結果を見ると値が高くなってきており、とうとう100を超えてしまった。
 さらに「お酒、飲んでいる?」と訊かれたので、咄嗟に「飲んでいません」と私は答えた。
 ふと、私は10月27日に馴染みのスナックで焼酎の「鏡月」のボトルを3分の2ほど空けたことを思い出した。
 だが、3週間も前のことである。γ-GTの値はすでに半減しているはずである。100を超えているなんて、信じられない。自分の勝手な推測である。
 改めて、「尿と血液の検査詳細情報」に載っている値を見てみる。
 確かに、γ-GTの値が上限値の64をはるかに超えて、106になっている。
 その反面、前回と比較して、ALB(アルブミン)と中性脂肪の値は極端に下がっている。どうもこれは、若干ながら栄養が不足しているのを表しているとのことだった。肉料理を食べないことに起因しているのだろうか。

 さて、γ-GTのことが気になったので、家に帰ってからネットで検索してみた。
 すると次のように解説してくれている記事があった。
 【γ-GTとは?】
 <γ- GT(ガンマ・グルタミルトランスフェラーゼ)は、肝臓、腎臓、膵臓などに存在する酵素で、たんぱく質の分解や合成、薬物の解毒などに関与しています。血液中のγ- GTが上昇するのは、肝臓や胆道(胆管・胆のう)に何らかの障害があるときです。
   (中略)
 また、γ- GTはアルコールに敏感に反応し、肝臓で作られる量が増加するため血液中の値が上昇します。飲酒習慣により血液中のγ- GT値は変わるため、血清γ- GTの基準範囲は、医療機関や検診機関により多少の幅がありますが、飲酒習慣を含めるかどうかで異なります。特定健診では、51単位以上を保健指導の対象、101単位以上は医療機関受診を推奨する判定値としています。>
 なるほど、担当医が言っていた100以上が危険領域に入ったと言ったのは、このことか。
 さらにこの記事には【軽度の上昇(100単位以下)では節酒や禁酒により、1カ月もすれば正常値に戻ることが多いです。】と載っている。
 次回の診察日は令和2年の1月30日と決まった。
 それまでは、お酒はいっさい口にせずに、禁酒してみようと思っていた。そして、肉料理は、少し食べてみようかなとも思っていた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント