イギリスのメディアは概ね、両陛下のパレードを好意的に報道してくれている

 昨日の11月10日、市の公園のバーベキュー場の勤務は午後1時から5時半までであった。
 徐々にバーベキューシーズンは終わりを告げようとしている。来週の土日曜日を過ぎると予約客は減り、再来週にはピーク時の3分の1ほどになる。
 しかし、昨日の11月10日は秋晴れで、31サイトのうち、27サイトが予約客で埋まっており、目が回るほど忙しかった。
 だが、バーベキュー場の客が帰り支度をするのは、およそ午後2時半ぐらいからで、それまで男性メンバー4人は事務所で、電話番の女性メンバーが淹れてくれたコーヒーを飲みながら待機していることが多い。
 昨日、話題になったのは両陛下の「祝賀御列(おんれつ)の儀」のパレードであった。女性メンバーはリアルタイムでパレードを見られないと悔しがり、男性陣はDVD録画をセットしておいたので、帰ってからじっくりと観てみると言っていた。
 私は帰ってから、NHKニュースで観れば充分だと思っていた。
 女房はこうした行事を観るのが好きなので、私にいろいろ解説してくれるに違いない。
3196.jpg 時事通信社のニュースが次のようにネットに載っていた。
 【両陛下「人々の祝福に感謝」=10日の即位パレード―宮内庁】
 <宮内庁の西村泰彦次長は11日の定例記者会見で、10日行われた「祝賀御列(おんれつ)の儀」について「天皇、皇后両陛下は大変多くの方にああいう形で祝っていただいて感謝されていると伺っている」と述べた。
 西村次長は「滞りなく終わり、多くの方に祝福をいただいて大変良かった」と感想を述べた。皇后さまが涙ぐむ様子には、「あのお姿を見て私も思わずまぶたが熱くなった」と語った。>
 嵐が歌う奉祝曲「Journey to Harmony」をご鑑賞された折も、皇后さまは感激で涙ぐまれる場面がみられた。今回のパレードでもまた皇后さまは涙ぐむ様子が見られたとのことである。これまでの胸に秘めた思いが思わず、表情に表れたのであろうか。

 私はこうした日本の行事を海外はどう報じているだろうかと思ったとき、真っ先にイギリスの公共放送局BBCのニュースサイトとThe Guardianという新聞のホーページを開いてみる。
 11日のThe Guardianの記事の見出しは次のようであった。
 【Japan's new emperor greeted by thousands during rare parade(日本の新天皇はめったに見られないパレードの間中、無数の人々により祝福された)】
 <Crowds cheer Naruhito and his wife at event rescheduled after deadly typhoon(群衆は致命的な台風のあとに予定変更されたイベントで、Naruhito天皇とその妻を元気づけた)>
 BBCやThe Guardianなど、イギリスのメディアは概ね、こうした行事を好意的に報道してくれる。
 アメリカのCNNニュースでは、祝賀パレードに対する海外メディアの反応というタイトルで、オープンカーで走れる治安の良さを高く評価している反面、女系天皇を許さない日本文化を批判的に紹介している。
 こんな記事を読むと、私はどうしてもアメリカのメディアよりも先に、イギリスのBBCやThe Guardianを読んでしまっている。

 話は飛ぶが、アメリカにしてもイギリスにしても、インターネットで英字新聞を1ヶ月無料で読める記事は5つとほぼ決められている。
 だが、The Guardianは良心的でクオリティーの高い新聞なのだが、上述のような縛りがない。国際ニュースを中心に記事を閲覧でき、当然、日本に関する記事も読むことができる。だが、購読料はいっさい必要ないが、「The Guardian」誌ではユーザーから寄付を募っている。
 今回の両陛下のパレードの記事の最後にも、次のような記事が嵌め込まれている。
 【We hope you will consider supporting us today. (今日、我々に対するサポートをご検討ください)We need your support to keep delivering quality journalism that’s open and independent. (オープンで独立した質の高いジャーナリズムを提供し続けるには、あなたのサポートが必要です)Every reader contribution, however big or small, is so valuable.(読者皆さまの貢献は、たとえ大小を問わず、非常に貴重です)Support The Guardian from as little as $1 – and it only takes a minute. (わずか1ドルからでもいいので、ガーディアンをサポートしてください。それには1分も掛かりません)。Thank you.(ありがとうございます)】
 私は何か面映ゆくて、The Guardianをサポートしていない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント