ヒカレものの呟き

アクセスカウンタ

zoom RSS 今まで持ち合わせてこなかったアパレル・センス

<<   作成日時 : 2008/10/15 21:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 最近、重松清氏の『疾走』を読んでいて、アパレル関係の言葉が多く出現してきて、気になり出した。いっそのこと、これを機に、この小説に出てきたアパレル関係の言葉をネットで調べてみようと、私としては珍しく、そんなことを思い付いた。
 私は子供の頃から、自分の着る物や履く物に関しては、殆んどと言っていいほど人任せで、オシャレ感覚などゼロに等しかった。プライベートで着る物はすべて、独身時代は、私のサイズを熟知していた養母の買い揃えてくれるものを文句一つ言わず着ていたし、結婚してからはその養母の役目が女房に移転しただけで、会社では指定の作業服か背広だったこともあるが、仕事を離れれば、着せ替え人形のように、私はただ与えられた物を身に付けていただけであった。
 従って、アパレル関係の言葉は今もって苦手で、時折、小説や雑誌にカタカナ言葉で出現しても、これまで調べてみようなどという気持など起きたことはなかった。
 ところが、重松清氏の小説には、たびたび、アパレル関連の言葉が登場してくるし、とりわけ、『疾走』という小説には多く登場してきて、氏の小説は今後も読む機会は多いと思っているので、この際、できるだけ調べておこうと思った。
 アパレル関係で、この小説に登場してきたカタカナ言葉は、次のようである。
 「ダウンジャケット」「チノパンツ」「スナップボタン」「ダッフルコート」「ワークシャツ」、はっきり言って、この小説を読む前までは、どんな衣服、衣装、服装なのか、さっぱり分らなかった。「ダウンジャケット」については、先だって、このブログに書き込んだので、ここでは省くとして、他のアパレル関連のカタカナ言葉について、私なりに調べてみたのである。
 まずは、「チノパンツ」である。「チノパンツ」とは綿素材で丈夫な綾織りで、防水加工なども施されている物をチノパンツといい、かっては男性用だったが、現在はカジュアルな女性用も売られているとのことである。つまり、普段着のズボンという感覚でいいのかも知れない。
 その次に、「スナップボタン」であるが、どうも普通にシャツやズボンに付いているボタンのことらしい。「スナップ・ボタン」と一口に言っても、機能、形、表面仕上げと様々な組み合わせがあり、その種類はざっと数千種類にも及ぶとのことである。
 三番目に、「ダッフルコート」である。「ダッフルコート」とはフード付きの防寒コートで、ベルギーのアントワープ近郊のダッフル地方で作られた起毛仕上げの厚手のメルトン生地(紡毛織物、ウール生地)を用いたことから命名されたらしく、裏地は付けないとある。最近では、ポリエステルやフリースなどの生地で作られているものもあり、、そうしたものもダッフルコートと呼ぶらしい。
 最後に、「ワークシャツ」であるが、私は単純に作業着と解釈していたが、どうもそうではないらしい。ネル、ダンガリーなどの厚手の生地で作られた襟付き、前開きのシャツをワークシャツと呼ぶらしいが、要するに、私が普段着ているシャツが、何となくそれらしい気がしてきた。
 さすがに、重松氏はもう何十年も東京に住んでいて、こうしたアパレル関連の言葉に精通しているようである。ファッションセンスのない私には、たぶん、これからもそんなに興味を抱くことはないであろうが、ただでさえ、イメージ力のない私には、少なくてもこうした言葉を知り、大まかな特徴をとらえていることで、小説のバックボーンをイメージするのには若干ながら、役立つ気がしてきただけでも、私にとって「メッケもの」なのかも知れない。
 いずれにしても、アパレル関係の専門家に、いちど、詳しく訊ねてみたいものである。だが、目に焦点があるがごとく、耳にも焦点があるとすれば、たぶん、私はいくら努力しても、その専門家の言葉に耳の焦点を合わすことができないであろう。
 それほどに、私はアパレルの流行センスに関しては絶対音痴で、きっと1時間も経たないうちに、そうした言葉は私の頭の中に居付くことなく、どこかに向かい雲散霧消していることであろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今まで持ち合わせてこなかったアパレル・センス ヒカレものの呟き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる