ヒカレものの呟き

アクセスカウンタ

zoom RSS 昨夜の午後11時ごろから、下痢が止まらない

<<   作成日時 : 2018/02/12 22:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 昨夜の午後11時ごろから、下痢が止まらない。
 今朝の午前5時ごろにトイレに行き出したら、そのあとは30分ごとにトイレに駆け込まなければならない。
 何とか市販の整腸剤で止まらないかと思い、常備薬の箱から2錠を取り出して飲んでみるが、一向に治まらない。体温を測ってみると37.8度で、私の平熱36.5度よりも若干高くなっている。
 今日は12時半から、公園の管理事務所の勤務が入っている。このまま下痢が止まらなければ、今日の勤務者に醜態を見せることになる。私は勤務交代をお願いするために、急遽、2人のメンバーに声をかけてみた。
 最初に声をかけたメンバーが、今日の今日なのに体調が悪いのなら勤務交代をしてもいいですよと言ってくれる。ありがたいことだ。次回、一緒の勤務の時に何かお礼を持っていかなくては思い、女房にお菓子か何かを買ってきてくれないかと、あいまいな言葉でお願いをする。

 午前11時を過ぎても、下痢は治まりそうにない。あいにく、今日は建国記念日の振替休日で、近所の内科は診察をやっていない。
画像 そこで、私はネットで、市のホームページから2月の休日診療日程表を開いてみる。2月12日の休日診療は「いまむらクリニック」と載っている。そこで、今度は「いまむらクリニック」のホームページにアクセスしてみる。
 確かにそこには【休日診療のお知らせ】とあり、「本日は、休日診療当番日です。診療時間は午前9時から12時。予約システムは使用しません、直接来院して下さい。受付順で診察いたします」と載っている。
 「いまむらクリニック」は私の家から、市内なのに車で20分ほどのところにある。ふと時間を確認すると、午前10時50分である。私は女房に付き添いをお願いして、慌てて出かけていった。
 そのクリニックは住宅街の中にあり、洒落た真新しい建物で、その建物に隣接して薬局もある。クリニックとその薬局の駐車場も含めても、20台ほどしか車は停められない。インフルエンザの関係か、すでに満車状態であった。
 だが、不思議と車の出入りは頻繁である。診療の窓口に行って、その理由が分かった。
 「診療時間は午前9時から12時」とはなっているが、あまりにも患者数が多いので、12時までに受け付けた患者はすべて診療するということらしい。
 つまり、午後からも継続して診療は行うことのようである。また長時間待たなければならない患者は一旦、家に帰ってもらい、クリニックからの連絡を待って、来院するように看護師から指示される。やっと駐車場の車の出入りが頻繁な利用を悟る。
 私も長時間、待合室にもおれず、さりとて車の中で待ってもおれず、看護師の指示通り、一旦、家に帰ってきた。
 午後3時にクリニックから連絡が入った。再びクリニックに行くとまだ10組ほどの親子連れが待合室にいる。平均5分間隔で診察室からお呼びがかかる。午後4時近くになってから、やっと私の名前が呼び出される。
 私の症状を聞いていて、担当医は私の胸に聴診器をあて、次に私を診察ベッドに寝かせてから、腹と背中を触診する。そして、インフルエンザの検査をするというので、鼻の奥に何かを突っ込まれる。
 結果が分かるまでに10分ほどかかるということで、待合室にいると診察室から声がかかり、担当医からインフルエンザではないと告げられる。ほっとする。
 整腸剤が2種類、細菌による感染症の治療に用いる薬と熱冷ましの薬が記載された処方箋を渡される。そのあとお薬手帳を添えて、薬局に処方箋を提出する。
 単なる食あたりということになれば、昨日、市の公民館で開かれた芸能祭の折に食べたものが悪かったのであろうか。私には、まったく心当たりがないだけに、狐につままれたような気になっていた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
昨夜の午後11時ごろから、下痢が止まらない ヒカレものの呟き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる